第2回おはなし会で読んだ本

「いちご」(平山かずこ、福音館書店、¥743)
はっぱから、花がさいて、実がなって、
実がだんだんあかーくなって、
さぁどうぞ、「いただきます」
見て!このおいしそうないちごの絵に
よだれが出そう…(0歳から)
いちご
あくび「あくび」(中川ひろたか、飯野和好、文渓社、¥1500)
はじめにかばがあくびしたよ、
それからどんどんみんなにあくびがうつって…。
最後はぼくがあくびして、ねんね。
子供たちに大ウケの一冊。
読んでるママも思わずあくび…(1歳から)
どのくらいおおきいかっていうとね
舟崎靖子文、にしかわおさむ絵偕成社¥1000
大きなクマさんの靴がどのくらい大きいかっていうと…。
どのくらい大きいかっていうとね、の繰り返しが、
想像力を刺激する絵本、幼児向き
どのくらいおおきいかっていうとね
ぽとんぽとんはなんのおとぽとんぽとんはなんのおと
(神沢利子文/平山英三絵、福音館書店、¥800)
あなの中で冬ごもりしている熊の坊やが、お母さんに尋ねました。
「ぽとんぽとんってなんのおと?」
春を待つ熊の母子の交流と、季節の移り変わりを
暖かい言葉と絵で描いた絵本です。 4才から 

おはなし会のトップへ  第2回おはなし会へ おすすめの本トップへ 幼児向け絵本へ