2004年7月のおはなし会で読んだ本


ごめんなさい!写真はありません。


今月は、MOC初の試み。英語の絵本を各部1冊ずつ読みました。
読み手は「KAEちゃん」。イギリスの大学で学び、その後も英語教育に携わってきた
スタッフです。

さて、子供たちの反応は・・・?
いつもとおんなじ!!
英語だろうが、日本語だろうが、おかまいなしに盛り上がっていました。
英語のゲーム「head,shoulder,knees and toes,knees and toes.」も大人気。


<第1部>
@うしろにいるのだあれ?みずべのなかま編(ふくだとしお、新風舎)BYちいちゃんママ
A英語の絵本「Where is the fish?」(きんぎょはどこ?)(五味太郎)BY KAEちゃん
*英語のゲーム
B「海は広いね、おじいちゃん」(五味太郎、絵本館)BYちいちゃんママ
C「あした、プールだ、がんばるぞ」(寺村輝夫、あかね書房)BYさっちゃん


ちいちゃんママのコメント
@大人気、愛子様もお気に入り、の「うしろにいるのだあれ?」の続編です。難しい動物も出てきたけど、みんなよく当たってたね。
A単純な繰り返し、英語でも日本語でも面白い本は面白いのです。
*英語のゲーム つまさきを真剣にさわっていたら、息が切れました。
Bおじいちゃんが「うちゅうじんのけんきゅう」本を読んでいるところが笑えます。子供たちが、「おじいちゃん、後ろ後ろ!」と叫んでいました。
Cこんなドキドキの気持ち、わかるよね。


<第2部>
@
うみへいくピン・ポン・バス(竹下文子/偕成社)
A英語の絵本 The elephant blue (日本語名「ぞうくんのさんぽ」)
*またまた英語ゲーム、スピードアップで
Bひ・み・つ(たばたせいいち、童心社)


ちいちゃんママのコメント
@長崎って海のそばの町であるにもかかわらず、実際泳げる海に行くまでは遠いですよね。こうしてバスに揺られて子供の頃よく泳ぎにいったものです。
Aこれまた単純な繰り返し絵本だけど。ぜんぜん難しくないよ、みんなゲラゲラ笑っていました。
*ゲーム:今度はつまさき触らないように気をつけました。
B「おしいれのぼうけん」の作者の新刊。巧みなストーリーにひき込まれます


おはなし会TOPへ戻る   MOCTOPへ戻る