2002年6月のおはなし会

梅雨の晴れ間の土曜日に、たくさんのお友達にご来店頂き、ありがとうございました。
今月のテーマは、「かたつむり」「かえる」雨の季節にぴったりの本を選びました。

<第1部>
@「かささしてあげるね」(長谷川摂子文、にしまきかやこ絵、福音館書店、¥571)
A「ぼくのおとうさんははげだぞ」(そうまこうへい、架空社、¥850)
歌:かえるの歌 輪唱
Bかえってきたカエル(中川ひろたか、村上康成、童心社、¥1300)
Cごめんね、ともだち(内田麟太郎、降矢なな、偕成社、¥1000)

<第2部>
@紙芝居「かたつむり」(童心社)
Aバムとケロのにちようび(島田ゆか、文渓堂、¥1500)
手遊び:かたつむり、
Bブーアのもり(忌野清志郎絵、せがわきり文、FMTOKYO出版、¥1333)




<第1部>
Aは「はげ」のお父さんがいらっしゃったら、マジで読むのやめようと思っていましたが、いらっしゃらなかったので、読みました。何だか照れちゃうけど、面白い絵本。
Bかえるの名前はみどりちゃん。かわいいー♪
C最後の「ごめんね」の勘違いのシーンが笑えます。

<第2部>
@かたつむりがこんなに奥深いものだとは…。ご存知でしたか?かたつむりって冬を越してるんですよ。
A私もこのドーナッツ食べたい…。ちなみに、このドーナッツ、「うちにかえったガラゴ」の最後のシーンに出てきます。
Bなんと、忌野清志郎の絵!すっごい!

おはなし会TOPへ戻る  MOCTOPへ戻る