2002年5月のおはなし会で読んだ本

日時:2002年5月25日(土)14:00、15:00

とっても天気の良い土曜日の午後、たくさんのチビッコたちにお集まり頂きました。
ありがとうございます。




第1部14:00〜幼児向け

「昨日はみきおねえさんのお誕生日だったんだけど、今日お誕生日の人いるかな?」
「はーい」
「あれ?どこからかオジサンの声が…。あっ!メトロの店長!」
「こんにちはー。店長の野馬(のま)です」

と、今回は始めてメトロの店長がご挨拶。よろしくお願いいたします。

@「ママ、ちいさくなーれ」(リン・ジョネル文、ペトラ・マザーズ絵、小風さち訳、徳間書店、¥1300)BYちいちゃんママ
いっつも小言ばかりのママ、「えい、ママちいさくなーれ」でママがちいさくなっちゃった。ボートに乗せてお風呂に入れると、ママは「たすけてー」。さぁ、どうなる?
A「ありんこぐんだん」(武田美穂文・絵、理論社、¥1000)BYみゆきおねえさん
ありんこぐんだんやってくる。おさとうこぼすとやってくる。でも、何に驚いたのって、みゆきおねえさんの「わーはははは」の高笑い。
B「ぼくそらをさわってみたいんだ」(さとうわきこ文、岩井田治行絵、ポプラ社、¥1200)BYみきおねえさん
みんなが背中に乗って、おそらにさわると…。あらら、大変!

★お歌「この指、パパー」♪

C「あかちゃんのゆりかご」(レベッカ・ボンド作、さくまゆみこ訳、偕成社、¥1400)
生まれてくる赤ちゃんのために、家族全員がゆりかごを作った。家族それぞれの思いを込めて、とっても素敵な絵本。読み終わると、「眠くなった!」という子供続出

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
第2部15:00〜小学生向け

@「おさむらいさんでござる」(安田のり作、絵本館、¥1000)BYみきおねえさん
おさむらいさんは、お殿様(子供)のために、雲をつかまえようと大奮闘。川越え、山越え、ついにつかまえたでござるか!?聞いてると言葉が変になりそう。
A「よるにくちぶえふいたなら」(たかどのほうこ作、長野ヒデ子絵、旺文社、¥1238)
いやぁ、たかどのほうこさんの作品は本当に面白いですよねぇ。怪しげな猫がミツオとノンコのおうちにやってくる不思議で、ワクワクするお話。15分ぐらいの長い話にも関わらず、子供たちはよく聞いていました。でも、親御さんは後ろでゲラゲラ笑っているのに、子供たちの顔は真剣。怖かったのかしら?


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
おはなし会TOPへ戻る  MOCめとろおやこくらぶTOPへ戻る