2001年3月おはなし会で読んだ本
第1部14:00〜 書名 著者名・出版社名 コメント
@「でんしゃにのって」 とよたかずひこ、アリス館 「がたごとー、がたごとー、つぎは、○○だ」の繰り返しが面白い本。子供たちにも大ウケ
A「はじめてのようちえん」 ジェラルド・スティール文、オオサワ・チカ絵、新風舎 実はこの絵を描いた人は日本人。経歴を見るとなかなか面白いです。それにしてもクマちゃんの表情が超ラブリー
B「ぐりとぐらとくるりくら」 なかがわりえこ、やまわきゆりこ、福音館書店 春といえば、この本を思い出します。とびたい、はねたい、おどりたーい!
C「みんなともだち」 中川ひろたか、村上康成、童心社 お話の最後に、皆で歌を歌いました。ちいちゃんママはピアニカを演奏。
休憩:ブックトーク 「だるまちゃんとだいこくちゃん」「ドラゴンの眼」「だいすきハリーポッター」「ハリポタ関係の洋書」
第2部15:00〜 @かばんうりのガラゴ 島田ゆか、文渓堂 もっと近くで見ると、絵が細かくてもっと面白いのよ。でも、一番欲しいのはガラゴが持っているスーツケース!
Aあるはれたひに 木村裕一、あべ弘士、講談社 「あらしのよるに」の続編。友情は食欲に勝てるか…?ドキドキ・ハラハラの面白ストーリー
MOCトップへ
今までのおはなし会に戻る