2001年10月のおはなし会で読んだ本


今回のテーマは「秋じゃーん」
ちいちゃんママとみきお姉さんとで読みました。
第1部のじゃんけん大会、2部の手品ともに盛り上がりました。

<第1部>
@「はなちゃんすんごい」(のぶみ、あかね書房)*みき
A「ねえどれがいい」(ジョン・バーニンガム、評論社)*ちいちゃんママ
*じゃんけん大会
B「よるのおるすばん」(ワッデル・M、評論社)*みき
C「つきよのおんがくかい」(山下洋輔、福音館書店)*ちいちゃんママ

*@小さい子向きの絵本。「うーん」の後は「う○こ」じゃないよ。
 Aちいちゃんママも悩むなぁ。特に2万円でオバケ屋敷っていうのは・・・
 B「ママにあいたいよ」のおちびちゃんが超かわいい
 Cさすがフリージャズピアニスト・山下洋輔の粋な絵本。ピアノの音を「カリコレ、ガリゴレ」なんて普通言わないよね。

<第2部>
@「おばけやかたのひみつ」(大島妙子、偕成社)、*みき
A「注文の多い料理店」(宮沢賢二、講談社)*ちいちゃんママ

@「ハーイ、マイケル」の部分をまさか「みきおねえさん」があんな風に読むなんて。そんなオバケいるのかよー!!(笑)
A長いおはなしなので、聞き手の皆さんの集中力が持つのかどうか、読む前は不安でしたが、杞憂でした。
 ある小学生の女の子は場面ごとに顔のリアクションがはっきり出ていて、見ていて楽しかったです。

真剣に聞き入る子供たちと親御さんたち 久々登場、みきお姉さん
真剣に聞き入る子供たちと親御さんたち 久々登場、みきお姉さん
じゃんけん大会は「やきいもの唄」で 見事優勝者には豪華プレゼントが!
<FONT size="-1"><FONT size="-1">じゃんけん大会は「やきいもの唄」で</FONT></FONT> 見事優勝者には豪華プレゼントが!



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
おはなし会TOPへ   MOCTOPへ