2000年9月のおはなし会

今回のおはなし会は、メトロ書店本店がアミュプラザ長崎に移ってから
はじめてのおはなし会でした。

今回に限り、24日(日)に行いました。時間は14時から。

ゲストに魔法使いのサキちゃんこと、作家の村山早紀さんと、耕一お兄さんこと、KTNの山本耕一アナウンサーを
お招きしました。

読んだ本は以下の通りです。

内容 読み手
@「おつきさまってどんなあじ」
(ミヒャエル・グレイニェク絵と文、いずみちほこ 訳、
セーラー出版、¥1500)
 おつきさまって一体どんなあじがするんだろう?
どうぶつたちが、みんなで肩車して、おつきさまに届こうとがんばります。そしてついにネズミさんが…。
ちいちゃんママ
A3びきのやぎのがらがらどん(マーシャ・ブラウン、福音館書店、¥1000) ご存知、子どもたちのだいすきな絵本。 みきおねえさん
Bパパおつきさまとって(エリック・カール、偕成社、¥1600) モニカはある晩、おつきさまと遊びたくなりました。パパが高い山に長いはしごを持って取りに行きます。エリックカール氏の美しい絵のしかけ絵本 みきおねえさん
Cくろいマントのおじさん(金森宰司、福音館書店、¥1300) ヨーロッパの街を思わせる、静かで美しい風景。黒いマントのおじさんがどこからか現れて… こういちおにいさん


広いはずのメトロ書店子どもの本コーナーに、お客様が70名!じゅうたんやお椅子はもとより、立ち見のお客様も出てしまいました。
混み合いまして、誠に申し訳ございませんでした。




<9/24おはなし会の感想>
☆Rくんママさん
おはなし会、大盛況でしたね。「おつきさまってどんなあじ?」思わず、亀は最初に 象なんか背中にのせて、重たくないのか?といらぬ心配をしてしまいました。
耕一おにいさんは、声がよく通って、 さずが、アナウンサーだなぁとしみじみ思いました。

ところで、昨日仕事から帰ってきたうちのだんなが、 おみやげにもらった付録を、どれどれと言いながら作り始めました。で、作りながらのだんなの感想。
 「これ、幼稚園の子供がつくれるのか?」そう言って、フルーツパフェを作り終えました。
 そこで、おはなし会に参加された方に聞きたい! もらった付録、誰が作りました?そして、自分の思い出の付録、なんてのがあれば 聞きたいです。
私の思い出の付録は、日光写真。印画紙がなくなると、 腕や足にフィルムを貼って、日焼けしてました。
 今日、だんなはタイムレンジャーのタイムジェットを作る予定です。
次回のおみやげの時、できれば組み立て方(彼いわく、本誌に載っているはずだそうで)図をコピーしてつけてくれると、ありがたいなぁと言ってました(^^;

*ありがとうございました。付録はいつも本誌を返品してしまうので、なかなか組立て方を準備することができないんです。
すみません。でも、あの付録は大人向きという意見はよく聞きます(笑)。


おはなし会のTOPへ