「ぼくらのなまえはぐりとぐら」

PN:忘れんぼのバナナケーキ様

 絵本に興味のある日とだったら、一度は手にとったことのある本、そうです、「ぐりとぐら」です。
 「ぐりとぐら」についてなら何でも書かれているスゴイ本が出たのです。
本の題名にもなっている「ぼくらのなまえはぐりとぐら」(「母の友」編集、福音館書店、¥1700)、

覚えていますか?「ぼくらのなまえはぐりとぐら、このよでいちばんすきなのは、おりょうりすること、たべること、ぐり、ぐら、ぐり、ぐら」
ここのところを歌っている人が多いんですよ(ちなみに私ももちろん歌っていますが)、巻末に116もの楽譜までついた歌があって、これを歌うだけで盛りあがります。

そのうえ、あのぐりとぐらシリーズに出てくる「おきゃくさまのクリスマスケーキ」、くるりくらの10時のおやつの「にんじんキッシュ」、すみれちゃんの「かぼちゃのスフレケーキ」、
そして何と言っても「カステラ」のレシピ付き。これはもう親子ですごく楽しんでいます。

お外に出て遊ぶ機械の少ない冬、この一冊で遊べます!


コラムTOPページへ