ムスコと絵本の関係 メイド・イン・北海道さん
 ムスコがハイハイをし始めるまで、絵本は彼にとって「なめるもの」「かじるもの」でしかなかった。彼は手当たり次第に絵本(というか本)をなめまくり、かじりまくった。
 
 ムスコがつかまり立ちをするようになった頃、彼は単なる紙と、本の区別がつくようになったらしく、製本されているもの、冊子はあまりかじらなくなった。
 
 そして少しずつ、本はめくって遊ぶものになってきた。彼は手当たり次第に本をめくりまくった。絵本を読み聞かせしていても、彼はとにかくめくろうとする。おかげでストーリーは本来とは違う展開で進む。でも彼にとってはストーリーよりも、「めくる」ことの方が重要らしい。

 そして、現在。ムスコは1歳3ヶ月。やはりまだまだめくるのが一番楽しい。でも、少し違うのは私が読むのに合わせてめくるようになった
ことだ(多少のずれはあるものの)。ただし、めくるページ数が必ずしも1ページとは限らないし、逆にめくり始めたりするので、あいかわらずストーリーはめちゃくちゃ。でも本人は楽しそうである。

 今、一番ムスコに読み聞かせをしていて難しいと感じていること。
それは、彼が持ってくる本が、必ずしも絵本ではないことだ。

そして今日も私は通販のカタログを見せながら、彼に商品説明をするのであった。

*ちいちゃんママより:ありがとうございました。息子さんは3ヶ月頃から毎月おはなし会にお越しいただいています。はじめのうちは、お母様の方が面白そうに聞いていらっしゃいましたが、今では、ちゃんと目で本を追っているのがよくわかりますよ!これからも末永くよろしくお願いいたします。
コラムTOPへ
MOCTOP