メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部

 
今月のメトロニュース
2018.2/8発行 No.273  
特集 版元さんリレーエッセイ 横浜だより 次に来るのはこの一冊

版元さんリレーエッセイ

「筑摩書房 高瀬有輝様 」

はじめまして。筑摩書房営業部の高瀬と申します。九州エリアを担当しております。九州は食べ物が美味しいので何度も出張したいのですが、そんなことは許してもらえず、誠に残念です。どうぞよろしくお願いいたします。
唐突ですが、源氏鶏太が好きです。 その作家の名を知ったのは映画のクレジットだったと思います。何の映画かは思い出せないのですが、そのあとも古い映画で何回も見かけ、どれも楽しくて興味を持ち、探してみようと思って近くの古本屋で見つけたのが『初恋物語』(角川文庫)でした。 これがとても良くて、それから著作を見つけては買っていました。今から十年前はほとんど流通している作品が残っていなかったので、古本屋で見つかるかどうか(ネットで探すという概念はありませんでした)。
 源氏鶏太は戦後のサラリーマンを主人公にした小説が多く、代表作には当時の会社員のおかしみや悲哀を描いた『三等重役』(新潮文庫)がよくあげられています。『初恋物語』には直木賞を受賞した「英語屋さん」が収録されていて、他に「たばこ娘」など名作佳作が並んでいます。 登場人物は人間くさくて一所懸命に生きていたり怠けていたりして、ベタな展開の作品でも楽しい。そこに昭和三十年代高度成長期の雰囲気、匂いも漂っていますが、悩んだり感じたりすることは今も同じでした。
 当時の人気はすさまじく、映画化されたりドラマ化された作品は数知れずですが、年月を経るとともに段々と読まれなくなり、ほとんどの作品が入手しにくい状態になってしまっていました(※宣伝になりますが、現在ではちくま文庫から『青空娘』、『最高殊勲夫人』、『家庭の事情』の三点が刊行されています。メトロ書店でも好評発売中)。
 本のすばらしさは作家が亡くなってからも残り、読まれ続けることです。夏目漱石などは没後百年以上も読まれ続け、今でも感動を生み出しています……などと考えている間に、新しい作家も次々と生まれてきています。新しい才能に注目すればするほど、昔の作家にまで手を伸ばす機会はどんどん減ってしまうのが悩ましいところです。
 昔の作品から自分の好みの作家を読み進めていくか、現代の作家を追い続けて新しい文豪の誕生を目の当たりにするか、書店さんの本棚には、無限の楽しみがひろがっています。

 

*高瀬様 ありがとうございました。書店さんの本棚には無限の楽しみがが広がっています。良い言葉ですね。来月は初!講談社鶴見直子様です。どうぞお楽しみに!


【筑摩書房 高瀬有輝様】

高瀬有輝 1981年9月3日生まれ。埼玉県出身。2008年より筑摩書房に勤務。宣伝部門に配属後、教科書担当を経て書店担当(九州・北陸・甲信・都内の一部)をしております。

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.