メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2016年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部

 
今月のメトロニュース
2018.2/8発行 No273  
特集 版元さんリレーエッセイ 横浜だより 次に来るのはこの一冊!

特集
バレンタインにおすすめの絵本

メトロ書店本店 児童書担当 坂口望

2月14日は恋人たちの日、バレンタインデー。以前は「女性から男性に告白する日」でしたが最近は、告白よりも女友達と盛り上がる「友チョコ」などが主流になってきています。女子同士の友チョコ、さらに親子、同僚、先輩後輩でも手軽にチョコを贈り合うという、バレンタインデーのカジュアル化が進行中。チョコに感謝の気持ちを託し、重くならないカジュアルなコミュニケーションを楽しむという、新しいバレンタインデーのスタイルが好まれているようです。

そこでバレンタインの贈り物にオススメする絵本は、国際イラストレーション賞を受賞し、多くの読者を癒した刀根里衣(とねさとえ)さんの『モカと幸せのコーヒー』(NHK出版、1620円)の白うさぎ"モカ"が主人公のレシピ付き絵本。『モカとつくるホットチョコレート』(NHK出版、864円)手のひらサイズの絵本でとにかくかわいい!!かわいいカップやおいしそうなチョコレートがいっぱい!本物のチョコレートを添えて、大切な人へプレゼントしてみてはいかがでしょうか。同じく刀根里衣さん『マローネとつくるクッキー』NHK出版、864円)もおすすめです。てのひらサイズの絵本でふんわりやさしい色。
こちらもおいしそうなクッキーやジャムやナッツなどお菓子がいっぱい!女子は大好き!

次におすすめする本は『恋するひと』(レベッカ・ドートゥルメール 朔北社 1296円)です。「恋ってなに?」「恋するってどんなきもち?」 ずばり「恋」をテーマにじっくり考えるフランス生まれのおしゃまな一冊。大人も子供も一緒になって一生懸命「恋」について考えるなんてフランスならでは。甘いだけではない、結構どきりと深い言葉も出てきます。

最後におすすめする絵本は、ヒグチ ユウコさんの『すきになったら』(ブロンズ新社、1512円)です。すきになったら、しりたくなる。あなたのすきなものを、すきになったり、あなたにとって大事なものを理解したくなる。すきになったら、いっしょに笑いたいし、あなたの悲しみをしりたくなる。だって、いっしょにいたいから......「すき」っていう気持ちは、これまでの世界の見え方を変えてしまうほどのパワーがあるのです。ヒグチユウコさんといえば『ふたりのねこ』(祥伝社)や『せかいいちのねこ』(白泉社)など繊細なタッチのねこの本が有名ですが、この本は少女とワニのおはなしです。心で感じて、心のままに素直でいる、ただそれだけでいい。読む者の感情を揺さぶる、ずっと大切にしたい絵本です。
メトロ書店ではバレンタインデー用にプレゼントラッピングやメッセージカードの販売も行っております。みなさんの気持ちが届きますように・・・。


 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.