メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2016年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロ書店神戸御影店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
今月のメトロニュース
2018.1/10発行 No272  
特集 版元さんリレーエッセイおすすメトロ次に来るのはこの一冊!

特集

2017年売れた売れないに関わらず一番良かった本・文具


新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
平成30年 元旦 メトロ書店社員一同


営業部長 人見浩行
   

「BEGIN」

(作)史村翔(画)池上遼一
小学館ビッグコミックス、596円

 

表(政界)と裏(裏社会)からの日本変革を描いた名作「サンクチュアリ」の名コンビ再臨!大国の脅威にさらされた日本。憂国の官僚×極道が出会い、オモテの世界へ・・・ 男心を震わせながら読んでもらいたい作品です。

 
 
本店店長 室田大祐
   

「アキラとあきら」

池井戸潤、徳間書店、1080円

 
実家の工場が倒産し苦労して育った山崎瑛と大手海運業者の御曹司として育った階堂彬。育ってきた環境の全く違う2人の対立の物語かと思いきや、それぞれが困難に立ち向かう物語で、最後は爽快な気分になれる池井戸潤の真骨頂とも言える小説です。

 

 
ソラリアステージ 川原精二郎
   

「誰がアパレルを殺すのか」

杉原淳一 染原睦美、日経BP社、1620円

 

書店業界もそうですが、アパレル業界も苦戦を強いられています。なぜ日本の小売販売員の給与は低いのか、この様な苦境に陥ってしまったのは何故か?考えさせられる一冊です。

 

 
神戸御影店店長 相良嘉久治
   

「多動力」

堀江貴文、幻冬舎、1512円

 

読みやすく、心にすーと入ってきます。このマインドと実践力はどんな方にも必要だと思います。特に若い人たちには読み込んで、一つずつ実践して欲しい。私もさらに勉強し、自分なりの多動力で実践していきます。

 

 
本店 副店長・文芸担当 大束美紗子
   

「金色のマビノギオン」

山田南平・白泉社コミック、691円


 

「紅茶王子」の山田南平が描くアーサー王伝説を題材にした異世界ファンタジー!主人公のたまき達幼なじみ3人がイギリス旅行中になんとアーサー王の時代へ…!伝説を知らない人にも分かりやすく、人物がとても魅力的です(フィクションです)

 

 
神戸御影店 文庫・学参担当 東光希
   

「漢和辞典的に申しますと。」

円満字二郎、文藝春秋、832円


 

和辞典の面白さを読者に提供してくれる珠玉の一冊。コラム160本の構成はちょっとした空き時間にサクッと読めて勉強になります。昨年10月に「新字源」(角川書店)が23年ぶりに改訂されるなど再注目されています。

 

 
ソラリアステージ 文庫・コミック担当 田中めぐみ
   

「かがみの孤城」

円満字二郎、文藝春秋、1944円


 

涙が零れる珠玉の作品。これはかつてのあなたの物語か、それとも周りで起こっていた物語か。独りきりで毎日戦い続けているあなたに、そしてあの子に。

 

 
本店文庫担当 瀬戸千恵子
   

「新しい分かり方」

佐藤雅彦、中央公論新社、2052円


 

「ピタゴラスイッチ」などで知られる佐藤雅彦さんによる構想10年の新作。「人間はこんな分かり方をしてしまうのか」と、とても面白い本です。

 

 
本店・実用書担当 小賀真澄
   

「いのち愛しむ、人生キッチン」

桧山タミ、文藝春秋、1566円


 

90歳を超えた今も料理教室を開いているタミ先生初の著書。愛情レシピも収録され、タミ先生の温かい人柄を感じられる一冊です。長崎在住の写真家繁延あづささんが撮影した表紙の写真も素敵です。

 

 
本店 児童書担当 坂口望
   

「空からのぞいた桃太郎」

影山徹、岩崎書店、1620円


 

ストーリーはそのままで、ももたろうがおじいさんとおばあさんにひろわれるところから、成長し、鬼たいじをし、帰ってくるまでの季節の流れや状況が細かく描かれています。大人も子供も楽しめる作品。

 

 
本店 副店長文具担当 石田道代
   

「万年筆 『カクノ』 透明ボディ」

パイロット、1080円


 

いつも親子で使っている万年筆「カクノ」。
ついに透明軸が出た!!と嬉しくてたまりませんでした。あまりの嬉しさに透明軸のカクノを5本買ってピンク・緑・青・紫・赤のインクを入れ、娘と絵を描き、文字を書き、楽しんでいます。

 

 
神戸御影店 文具担当 原 祥子
   

「オレンズネロ0.2mm/0.3mm

ぺんてる、3240円


 

ノック一回で芯一本分を書き続けることができる夢のシャープペン。より細く、そしてより折れずに書けるシャープペンとして数年前に登場したオレンズ。この最高ランクと位置づけされる究極のシャープペンです。入荷しては完売、とずっと繰り返しています。

 


 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.