メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2016年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
メトロニュース
2017.11/10発行 No.270  
特集 版元さんリレーエッセイ ステンドグラス ぶくぶくコラム 横浜だより

ぶくぶくコラム
福岡県  橋川桜様


彼岸花が咲くと、もう、すぐ秋がくる。彼岸花を見ると思い出すのが、宇江佐真理さんの小説「彼岸花」だ。表題作の彼岸花では、お金を借りに来る妹に最後まで優しくできなかった姉の後悔を描いてある。なんだか感想を文章にしてしまうと、上手く伝えられない。宇江佐さんの小説は、江戸の町人の日常を舞台に、人間の生活、複雑な感情をとてもリアルに、繊細に描いてある。そして、そう簡単にハッピーエンドにならない。好きな人はいますか?嫌いな人はいますか?その人を許せますか?後悔していますか?幸せですか?
宇江佐さんの小説を読んでいると、許されてるような、諭されたり、励まされたりしてるような気持ちになる。短編の最後のお話「振り向かないで」は、苦しい恋愛で悩んでいる女性には、読んで欲しい。そのあとは「深川恋物語」がオススメ。心が洗われます。「夜鳴きめし屋」は、深夜に居酒屋を営む主人とお客のエピソードで話が展開して行くが、料理のディテールが鮮明で、読んでいるだけでお腹が空いてくる。レシピ本を出してほしいくらいだ。
どの作品を読んでも、じんわりと心に響く素晴らしい作家さんであり、もう新しい小説が読めない事が残念でならないが、、一冊ずつ集めて、大切に大切に読み続けたい。

※編集部より。
橋川様、ありがとうございました。宇江佐真理さんお亡くなりなったこと、かえすがえす残念です

 

 

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.