メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2017年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部

 
今月のメトロニュース
2017.7/10発行 No.266  
特集 版元さんリレーエッセイ ステンドグラス 横浜だより

ステンドグラス
「新入生頑張ってるかな」

メトロ書店副社長 川崎紀子

4月の始め、真新しい黄色い帽子とランドセルカバーを付けた新一年生が、緊張した面持ちで登校していたが、今ではすっかり慣れて友達同志でおしゃべりしながら下校する姿が見られる。
 もうすぐ夏休みだ。幼稚園や小学生の子供がいるお母さんたちにとっては戦々恐々の毎日が始まる。朝から晩まで家にいる子供たち。家のなかは散らかるし、家事ははかどらないし、宿題もさせないといけないし。
長ーい夏休みを思うだけで、くたびれそうだ。
でも子供たちが大きくなってしまうと、夏休みもクラブや塾で忙しく家に居なくなる。本当に子供と接触出来るのは小学生までと言っても過言ではない。
これをチャンスと思って子供たちと思う存分一緒に遊んだり、勉強したりしてほしい。
先日「毎日かあさん(西原理恵子)」の連載が終了してテレビでお母さんたちのインタビューを放送していた。
毎日かあさんを読んで同感だった。家の子供たちも同じだ。何をしでかすが訳がわからない。家事なんかほったらかして、もっともっと子供たちと遊んでやればよかった。などなど。
 理想の子育てと現実は違う。子供は親の思うようには行動しない。親の言うことを素直に聞く子供なんていない。(まず話を聞いていない。)
こうしなければいけない、しつけなければ、良い母親でいなければ、等と思うと参ってしまう。時にはぐうたら母さん丸出しでもいいのではないか?
 私の母はお行儀は別としても、あれこれ口やかましく言う人ではなかった。のんびりした明るい優しい人だった。もしかしたら言っても言うことを聞かないとわかっていたのかも知れない。
 勉強、勉強、練習、練習など一言も言わなかったから勉強もピアノの練習も強制されずに楽しく出来たように思う。
 長い夏休みを子供さんたちと思いっきり楽しんで貴重な思い出を沢山作りましょう!

『KADOKAWA「女の子が生きていくときに覚えていてほしいこと』
西原 理恵子
KADOKAWA 1100円+税も人気です
 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.