メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2016年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
メトロニュース
2017.6/16発行 No.265  
特集 版元さんリレーエッセイ ぶくぶくコラム横浜だより

ぶくぶくコラム
神戸市 松山 則子様


子供を本好きにする

この春、関東の大学に進学が決まった次女から、お母さん、メトロ書店のポイントカード500ポイント貯まったから、横浜にはないから、あげるわと言われました。嬉しい反面、巣立っていく寂しさと入り混じって、複雑な気持ちになりました。
私は、小さい頃、母から、課題図書だとか難しく面白味のない母からの押し付けの本を強制的に読まされて、読書をあまり好きにはなれませんでした。
私は、小学生時代、歌う事が好きで、自転車で、15分位かかる公民館で、合唱団の練習に毎週土曜日に通っていました。いつも帰りに公民館の隣にある図書館に寄っていたお友達がいました。
私が高校を卒業する時に、風のうわさで、そのお友達が、国立大学の薬学部に入ったことを耳にしました。
私は、その頃、希望の大学受験に失敗して、行きたくもない滑り止めの大学に行く事になり、くよくよしていました。自分の実力の無さをひしひし感じ、読書の大切さを痛感していました。それもあって、大学時代は、学校の行き帰りの電車の中で、たくさん本を読みました。
それから、数年経ち、子供を育てていく中で、必ず、子供達を本好きにしようと思い、小さい頃から、図書館に連れて行って、自分の好きな本を好きなだけ読ませる事にしました。2週間に一度、必ず、お稽古ごとのように通いました。2人で、何十冊も借りていました。
小さい頃は、「こまったさん」「わかったさん」シリーズ、「ズッコケ3人組」、「若おかみシリーズ」、漫画で書かれた歴史書など、好きになってずっと手元に置きたい本は、本屋さんで、お誕生日などに買ってあげる事にしました。
すると、活字を読む事が癖になり、特に次女は、新聞を毎日読む事が日課になって、両親よりもはるかに賢い人間になったように思います。
私も子供たちの影響で、いろいろな本に出会えて、若い頃、子供が苦手な私でしたが、今は、子育てして本当に良かったと思っています。
子供たちに素直に本に興味を持ってくれて、心から感謝しています。もちろん、子育てに協力するから、子供が欲しいと言ってくれた夫にも感謝しています。

*編集部より:松山様、とても素敵なエピソードをお送り下さり、ありがとうございました。きっと娘さんたちも成人してお子さんを持つようになったら同じようにお子さんたちに読書の大切さを教えて下さるのではないかと思います。  

 

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.