メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2016年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
メトロニュース
2017.4/17発行 No.263  
特集 版元さんリレーエッセイ ぶくぶくコラム横浜だより

ぶくぶくコラム
福岡市 稗田 和美様

 

日常に追われ忙しい日々を送る中、中学生の息子が私に誕生日プレゼントをくれるようになった。
 中一の時はヤンソンの「ムーミン谷の彗星」で、中二の時はケストラーの「飛ぶ教室」だ。二冊とも文庫本で、貴重なおこずかいから買ってくれたものだ。
 自分でかわいくラッピングまでしてくれて、ムーミンの文庫本をもらった際はしばらく涙が止まらなかった。
 ただ嬉しいだけではなく、息子を妊娠した頃を思い出してしまった。
 何度も流産の危機があって、私は常に緊張状態にあった。
 お腹が目立つようになってやっと苦しいつわりもおさまって、ずっとやりたかった胎教をしてみることにした。
 クラシックを聞いたり、お腹の赤ちゃんに向かって絵本を読んだりする。
 ずっとコレクションしていた五味太郎さんやブレイク前ののぶみさんの絵本や名作シリーズを読み聞かせた。
 そのうち、読めばお腹を蹴るようになって反応がしっかり分かるようになった。赤ちゃんは賢い。そして面白い。
 息子が生まれると、絵本の定期購読を始めてさらに本格的に読み聞かせ時代が始まる。
 「読んでよー、読んでよー、ママー」
とせがまれ、バムとケロシリーズの絵本は連続十回位読んだ記憶がある。アンコールにもほどがある。
 あれからずいぶん月日が流れた。
 今年で中三になる息子は宿題をしながらも読書をしている。ジャンルはライトノベルと将棋が多く、時々図書室で江戸川乱歩も借りてくる。
 勉強はともかく、本を楽しむ人になってほしいという母の願いは息子に届いたようでとても嬉しい。これからもたくさんの本に出会ってほしいと思う。読書は人類の喜びだから。


*編集長より:稗田様素敵なエピソードをありがとうございました。息子さんが小学校3年生の時に初めてこのメトロニュースに投稿して下さった時、「おぉ、すごい!」と社内がどよめいたのを覚えています。
 もう中三なのですね、おめでとうございます。ぜひ、将来はぜひメトロ書店に入社をお願いします。

 

 

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.