メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2016年
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部

 
今月のメトロニュース
2017.4/17発行 No.263  
特集 版元さんリレーエッセイ ぶくぶくコラム 横浜だより

特集

正しい(?)本の探し方


本紙編集長:川崎綾子

 平素はメトロ書店をご愛顧下さいまして誠にありがとうございます。

私はいつも本店の読書相談カウンターでお客様の本のご相談に応対させて頂いていますが、よくお客様に尋ねられるのが、


「どうやって自分にあった本を探したら良いの?」



「どうやって、本って見つけるの?」


という質問です。
自他共に認める活字中毒者の私はいつもこうお答えしています。

 


それはズバリ!「直感です!」

 

そんなアホな?と思われるかもしれませんが、そこらへんの活字中毒者さんに聞いてみてください。みなさんそう答えると思います。

書店の中をブラブラ歩いていて、「おや!?」と目を留めた本があなたの「運命の本」なのです。
 表紙の雰囲気やタイトル、ざっとしたあらすじ。そこにピンと来た本があなたにぴったりの本なのです。
 とは言え、この直感を養うには日頃から本をよく読んでいなくてはわかりません。

 よく読むと言っても暗記するほど熟読する必要もありません。
年間100冊(3日に一冊)を目標としている私はいつでもどこでも本を読んでいます。(仕事中に読めないのがつらいけど)
 昔は一冊の本を読み終わるまで、他の本には手を出さない一途な女でしたが、この20年ほどは、同時に4、5冊の本を読む並行読みに切り替えました。そうしないと読みたい本に追いつけないからです。
よって、通勤中に読む、食事を一人でするときは(お行儀が悪いけど)読書しながら食べます。家で料理をするとき、パスタをゆでている間の7分間は読書の時間です。したがって、我が家の食器棚には本が入っています。
 当然トイレにも本棚がありますし、お風呂に入るときも本を読んでいます。さすがに本が濡れてボワボワになるのでお風呂用の本は2冊購入しています。
先日引っ越しのためにベッドを解体したところ、ベッドまわりから40冊も本が出てきて(積ん読のなれの果て)呆れました。

 さすがに、ここまでしてください、とは言いませんがこのように本を途切れなく読んでいくクセをつけていくと。もう表紙を見ただけでこの本が面白いかどうかがわかるようになってきます。
話はループしますが、それではどの本から読み始めたら良いか、それでも悩む場合には私共メトロ書店のスタッフにお尋ねください。必ずや楽しい本に出合えることと思います。


 本紙メトロニュースはおかげさまで来月で創刊23年を迎えることになります。
これからも皆様に愛されるメトロ書店でありたいと思っております。新年度も皆様に素敵な本との出逢いがありますように。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.