メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2016年
2015年
2014年
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部

 
今月のメトロニュース
2016.7/12発行 No.254  
特集 版元さんリレーエッセイ

版元さんリレーエッセイ

「いろは出版 松田光平様」
いろは出版の松田と申します。実は私、このメトロニュースに執筆させていただくのは2回目です。

 8年ほど昔、前の前の会社の時のことでした。あの時は九州の女性はきれいで出張が楽しい!という内容だったと思います(笑)。本全然関係ないですねー懐かしい。紆余曲折ありましたが、書店さんで今もこうして無事営業できていることが幸せです!

 元メトロ書店アルバイトの妻が出産することと、いろは出版への転職を機に福岡の博多に移り住みました。

 いろは出版は京都の会社なのですが、私は博多に住みながら西日本を担当し、かつ東京出張も頻繁に致します。大手出版社の地方営業所が撤退している現状では非現実的なスタイルかもしれませんが、いまは電話とパソコンとWiFi環境があればリモートワークも可能です。出版営業として成功するかしないか、自分なりに新しい挑戦と捉えております。

少し前の本になりますが 本田直之・著「ノマドライフ」(朝日新聞出版)はまさに私の今の環境を奨励してくれている本です。“ノマド”はもともと遊牧民という意味の言葉で、仕事場を一か所に定めず、自由な場所で仕事をするあり方を“ノマドライフ”と言うようです。

本書で本田さんの言う「自由を求めて1つの組織や場所にとらわれない生き方」、そんな大それた目標を望んで移住したわけではありませんが、「好きな場所で生き、仕事がしたい」という願望はずっと持っていました。私は東京で生まれ東京で育ち、東京で就職するというビジョンしか見ておりませんでした。が、九州という地は私に違う角度からの生活を教えてくれました。こういっては何ですが、九州の地元人より九州の良さをアピールできると思います!しかし願望はかなったものの、この仕事スタイルで右肩下がりと言われる業界で結果を残せるかどうかはわからず不安でいっぱいです。どこかで私を見かけたら優しくしてください。

 最後となりますが、弊社の紹介をさせてください。いろは出版という会社は単なる出版社ではなく、もともと雑貨のメーカーです。ポストカード、手帳、ステーショナリーなど書店さんで扱える雑貨もたくさんつくっており、平均年齢30歳以下のすごく面白い会社ですよ!今後書店さんは本だけでなく、いろいろな形のライフスタイルを提案する場となるでしょう。その近い未来で、いろは出版は求められる出版社になりたいと思っております。そうなるために、これまで以上に頑張ります!!よろしくお願いいたします。


『ノマドライフ』
本田直之
(朝日新聞出版、1,512円)
*編集部より:うちの元バイトちゃんのお子さんが生まれた松田様ありがとうございました。来月は初・グラフィック社鎌田様の予定です。


【いろは出版 松田光平様プロフィール】
松田光平 昭和54年生まれの今年37歳。日本文芸社→飛鳥新社→いろは出版と3社を営業で渡り歩き、4月から福岡県博多区に転居。5月には第1子が生まれました!  ちなみに、意外と趣味はテニスです。高校からやってます!

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.