メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロ書店神戸御影店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
今月のメトロニュース
2013.11/8発行 No.222  
特集 版元さんリレーエッセイステンドグラス

特集


皆様初めまして、メトロ書店デイトス店で勤務しております岡千明と申します。
  メトロ書店で働き始めて3年半が経ちました。
  私は今まで高校生の時からずっと接客業をしており、現在までに居酒屋、フレンチ、ホテルなどなど主に飲食店で勤めていました。
  そんな中、なぜ私がこのメトロ書店で働き始めたのかといいますと、幼稚園の頃からよくメトロ書店博多店に通っており、いつか書店業界で働きたいと思っていたところ、丁度募集をしていたからです。
  働き始めて間もない頃は、商品の搬入や返品、雑誌の付録付け等、こんなに力仕事だとは思いませんでしたがそれも今ではすっかり慣れて楽しく商品の発注や陳列などをしております。
  これからもメトロ書店を盛り上げる為に日々頑張っていきますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 さて皆さんは本を買う時に何を参考にしていますでしょうか?著者や表紙、評判など人によってすごく異なると思います。
今回、私が紹介します本はメトロ書店で働く前にバーテンダーをやっていたのでお酒に関係する小説を3点。

@『マティーニに懺悔を』(今野敏、角川春樹事務所、720円)
  カクテルの王様のマティーニです。ちなみに、カクテルの女王は「マンハッタン」なのですが、この名前の由来も面白いんです。

A『長いお別れ』(レイモンド・チャンドラー、早川書房、1,050円)
作中のセリフ「ギムレットにはまだ早すぎるね」の台詞で有名なハードボイルド小説です。
  翻訳家の清水俊二さんは映画の字幕翻訳家としても有名ですね。2010年に村上春樹の訳した「ロンググッドバイ」も人気です。

B『老人と海』(アーネスト・ヘミングウェイ、新潮社、451円)
  酒豪の作家と言ったらこの人!ヘミングウェイが好んでいたフローズンダイキリはダブル(通常の2倍の量!)でがっつりいっていたとか。 
  実は私の得意でもあり、好きなカクテルです。でもさすがにダブルは多いですね。

ここまで書いておいてなんですが、実は私はタイトルがグッと来たものを購入しています。というのも私が書店で働き始めた頃までは前評判で情報をしっかりと得て、買っていたのですが、ある時に「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」(村上春樹、新潮社、上・下巻各745円)
というタイトルを見た瞬間にビビっときてしまい思わず購入。これがとても面白く大当たりだったため、これ以降はタイトルで直感的に買うようになりました。

 しかしタイトル買いというのはギャンブルに似ており、リスクが大きい物。私は結構ハズレを引きます。
  ですが本屋はギャンブルと違い、中身が確認出来て、自分に合った一冊を見つけることが出来ます。是非その本をメトロ書店で見つけてみませんか?

   
  『マティーニに懺悔を』
今野敏
(角川春樹事務所、720円)

   
  『長いお別れ』
レイモンド・チャンドラー
(早川書房、720円)


 

 
   
  『老人と海』
アーネスト・ヘミングウェイ
(新潮社、451円)

   
  『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』
村上春樹
(新潮社、上・下巻各745円)

 

 


 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.