メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロ書店神戸御影店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
今月のメトロニュース
2013.6/7発行 No.217  
特集 版元さんリレーエッセイ ぶくぶくコラム ステンドグラス

特集
当店はこの春、お陰様で開店5周年を迎えることになりました。

本屋さんには毎日ありとあらゆる年齢、性別、ご職業の方が多数ご来店されます。そして、それだけ色々な出会いもある、というもの。 今月はメトロ書店のスタッフの、そんな「ちょっとイイ話」をご紹介いたします。
   
  持田美貴
(フレスタ千早店、勤務歴5年)
   
  伊藤余史子
(本店、勤務歴9年)

パートに入って5年が経ちました。千早店は駅構内にあるものの、博多駅にある博多店(マイング)や博多デイトス店のような「駅の本屋」ではなく、郊外型の「町の本屋さん」としてお客様にあつかわれ、「とりあえず、聞いてみるか」と思われるほどには地元に馴染んできました。この5年の間、多くのお客様と接させて頂きましたが、数か月前に来られた小さな姉妹さんのお話をしたいと思います。
その二人がご来店されたのは、ちょうどお客様が少なく、ゆったりとした時間が流れる午後3時頃で、店の奥の絵本コーナーで、5、6歳のお姉ちゃんと、2、3歳の妹さんが、本を見ずに固まっていたので、妙だなと思い、声をかけたところ、勢いよく「お母さんがいな〜い!」と泣き出しました。お子さんを泣かせ続けるわけにはいかないので、落ち着かせ、話をお姉ちゃんに聞いたところ、「気がついたら、お母さんがおらんくなった!」=迷子さんと判明。
レジ近くに椅子を用意し、お迎えを待つことに。20分もしないうちに、お母様が慌ててお迎えに来られたのですが、詳しくお話を聞いてみると、元々、同じ千早駅構内の斜め向かいのスーパーで迷子になっていたのが、メトロ書店なら「安全地帯」だと思って、わざわざうちの店まできてくれたようです。そのことを喜ばしく思いつつ、笑顔で「バイバイ!」と言ってくれた二人にほっこりしました。

入社間もない頃、ご年配の男性のお客様が当店で買い物されている間に、ご自分の本を店内のどこかに置き忘れたらしいとのことで、あちこち探しまわりましたが、見つかりませんでした。そのお客様は結婚式に出席するために来崎されたのですが、日帰りということでJRの時刻もせまっていましたので、とりあえず、ご連絡先をおうかがいして、お帰り頂きました。
が、その後、落し物の本がセンターレジに届けてありましたので、お客様へご連絡をし、(お客様はまだご自宅に到着されていませんでした)電話に出られた奥様に事情をお話し、すぐに宅急便でお送りしました。
荷物を受け取られた、というお礼のお電話を頂き、その後、佐賀名物のお饅頭とお礼の手紙が届きました。お饅頭も嬉しかったのですが、そのお手紙の文字が草書体で美しく、まさに久しぶりに拝見する美文字に感動しました。もちろんお菓子はスタッフ全員で美味しく頂きました。
   
  瀬戸千恵子
(本店、勤務歴13年)
   
  山口詩織
(本店、勤務歴2年半)
小学校5、6年生の時の担任の先生と約20年ぶりに会いました。先生から「瀬戸さんでしょー?」と声をかけてもらいました。
昔からの常連様で「ちえちゃん元気―?」と下の名前で話しかけて下さるおじさまがいます。たまに「ちえさん」になります。
児童書コーナーに立ち寄られた、恐らく新婚さん、だと思われます。とても幸せそうなお二人でした。「この本、大好きだった〜!」「これもいいね」などお二人で楽しそうに絵本を手に取っていらっしゃいました。そして、奥さまが旦那さまに「読んであげてね」と優しくお話されていました。生まれてくる赤ちゃんのためにお二人で絵本を選んでいらっしゃるのがとても微笑ましかったです。
   
  松尾富美子
(本店、勤務歴2年半)
   
  坂口望
(本店、勤務歴13年)

誕生日の贈り物にされる、ということで「誕生日の花言葉」が載った本をご購入された方がいました。当店で包装も頼まれたのですが、その時、お客様が相手の誕生日に印をつけたい、と言われました。付箋に一言書かれたものをその日のページにつけることになりました。そんなサプライズを仕込んで包装をいつものようにさせて頂きました。そのサプライズが成功したのかどうか私はわかりませんが、その心遣いに私の胸は温かくなりました。きっと・・・その贈り物は相手の方の心に残るものになったに違いないと思います。

児童書コーナーにて。小学生のお姉ちゃんが幼稚園生の妹に絵本の読み聞かせをしていました。妹が見やすいように絵本のページをゆっくりめくるお姉ちゃん。お姉ちゃんの腕にきゅっとつかまり、とても楽しそうに絵本を見る妹さん。見ていてなんだか心がほわっとした気持ちになりました。
   
  川崎綾子
(部長、勤務歴20年)
   
   

2000年の1月にはじめた絵本おはなし会の常連さんだった男の子(当時2歳)が「ちいちゃんママさん(当時のおはなし会の時の私のニックネーム)ですよね?僕、高校に入りました」とご挨拶に来られたのには、驚きました。
「あんた小さか頃に【立ち読みはやめてください】の札ば貼りよったお譲ちゃんやろ?」私が小学2年生の頃に旧本店で「立ち読みはご遠慮下さい」と書いた紙を立ち読みしているお客さんの目の前の棚に貼っていたのを覚えたいらしたご年配のお客様でした。

 

お客様へ。私たちメトロ書店のスタッフは、このようにお客様と触れ合うことを心の糧にしております。どうぞこれからもお気軽にお声をおかけ下さいませ。ご来店をお待ちしております。



 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.