メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2013年
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロ書店神戸御影店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
今月のメトロニュース
2013.1/4発行 No.212  
特集 版元さんリレーエッセイ

版元さんリレーエッセイ

「青土社営業部 榎本周平 様」
はじめまして、青土社で営業部の榎本と申します。
弊社はユリイカ・現代思想という雑誌をメインに、人文書や文芸、芸術などの書籍を出版している版元です。入社から3年、まだまだ若輩者ですが、どうぞよしなに。今年娘が生まれてデレデレでございます。 版元リレーエッセイということで、本に関することであればなんでもOK、ならばここはストレートに、ちょうど書いている時期が年末ですし、今年発売で良かった人文書3冊を紹介したいと思います。



『ヴィータ・テクニカ』
檜垣立哉
(青土社、3780円)
『伊藤野枝と代準介』
矢野寛治
(弦書房、2205円)
『後鳥羽上皇』
五味文彦
(角川選書、2100円)

1.『ヴィータ・テクニカ』檜垣立哉(青土社、3780円)
手前味噌で大変恐縮ですが、今年一番良かったのはこの本でした。 人間とは自己でも精神でもなく、技術を生得的にそなえた物質=生命だということを論じたこの本を読み、生きて死ぬことが自然である、ということを今さらながら痛切に感じました。読み終えるまでに一ヶ月半もかかり、大変な思いをしたことも込みで、ベスト1です。

2.『伊藤野枝と代準介』矢野寛治(弦書房、2205円)
親類縁者であるからこそ書けたのであろう、伊藤野枝のというより、「狡猾な叔父」のレッテルが貼られた代準介の、真の姿に迫らんとする評伝です。遺族のもとに唯一保管されていた代の自叙伝「牟田乃落穂」を元に、周縁の人物を描いていきます。その土地の人の物語を、その土地の人が編む。こういう本は、興味のある人の手にちゃんと届いてほしいと思いました。

3.『後鳥羽上皇』五味文彦(角川選書、2100円)
なぜ上皇は若くして、しかも短期間で新古今和歌集という文化事業を成し遂げることができたのかに迫った評伝です。そこには文化統治という手段によって東国の幕府を圧倒するという意図が見えます。著者はどういう問いから出発し、どういうことを明らかにするのかをまえがきに書き、内容もそれ通りに進むので非常に丁寧で初心者にも親切に感じます。

かなり、まとまりのない選書になってしまいました。次はいつか私の好きな海外小説について書いてみたいですね。また、どなたか私を紹介してください!

*編集部より:榎本様ありがとうございました。どなたかご紹介がなくても、うちの鬼編集長がまたすぐに指名させて頂きますので、海外小説よろしくお願いいたします。 来月号は、ワック真柄様からのリレー、アニカの佃由美子様の予定です。どうぞお楽しみに!

【榎本周平 様プロフィール】
はじめまして、青土社で営業部の榎本と申します。
弊社はユリイカ・現代思想という雑誌をメインに、人文書や文芸、芸術などの書籍を出版している版元です。入社から3年、まだまだ若輩者ですが、どうぞよしなに。今年娘が生まれてデレデレでございます。

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.