メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロ書店神戸御影店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
今月のメトロニュース
2011.6/5発行 No.204  
特集 版元さんリレーエッセイ ぶくぶくコラム ステンドグラス

ステンドグラス
 『笑福亭銀瓶さんの銀瓶人語』
 

冬の間に一回り大きい鉢に植え替えた薔薇が次々と咲いた。もう駄目かなと思っていたカクテルという四季咲きの品種で、購入してから12年になる。
  よく人を育てる例えに使われるガーデニングだが、土を入れ替え肥料をやって大事にすると必ず花を咲かせてくれる。そして大切なのは「がんばってね。きれいなお花を見せてね」といつもやさしく話しかけること。子育てにも通ずるものがある。
  やさしいといえば先日神戸御影店でサイン会を開催した笑福亭銀瓶さんは、鶴瓶さんの愛弟子で、とてもやさしい人だ。大阪のMBSラジオの「こんちはコンチャン、お昼ですょ!」の中で「銀瓶人語」というコーナーを持っている。それがこのたび本になった『銀瓶人語VOL.1』(西日本出版社、1365円)である。
  サイン会当日、MBSラジオの放送も聴いたことがなく、お顔も存じ上げない私は少々緊張していたが、わざわざ和服に着替えてファンの前にあらわれた銀瓶さんは「阪急御影駅から阪神御影まで歩いてきました。途中で、やあギンペーさん、いつも聞いてますよ、とか、銀瓶さん頑張って〜とか、誰にも言われませんでした」とのっけからお客さんのハートをがっちり。サイン会を始めるまで約20分も話をしてくださった。「サービス」と言ってしまえばそれまでだが銀瓶さんのやさしさが出ていた。
  仕事の都合でサイン会途中で長崎へ戻った私は、機中で早速『銀瓶人語VOL.1』を読んだ。 さすが噺家さん、見開き2ページの文章だが、起承転結、最後はきちっとオチがあって、とても楽しく読めた。
  ラジオを聴いたことがない方でもすんなり楽しめるお薦めの一冊である。秋にはVOL.2が出版される。お楽しみに。

(取締役副社長 川崎紀子)

銀瓶人語VOL.1
『銀瓶人語VOL.1』
笑福亭銀瓶、西日本出版社
\1,365

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.