メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロ書店神戸御影店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
メトロニュース
2011.5/5発行 No.203  
特集特別企画ステンドグラス

特集
本屋大賞がついに結果発表!

  2011年『本屋大賞』が決定しました!この賞は本屋で働く店員が、本のスペシャリストとして「いちばん売りたい!」という本を選考し、称える賞です!
  今年は、多感な時期でありながら本から遠ざかっている中学2年生男子に薦めたい本を選ぶ「中2賞」も選出されました。
  それでは気になる結果を一挙ご紹介致します!


第1位
謎解きはディナーのあとで 『謎解きはディナーのあとで』東川篤哉   
(小学館、1575円)
 ミステリ界に新たなヒーロー誕生! 主人公は、国立署の新米警部である宝生麗子。しかし、彼女と事件の話をするうちに真犯人を特定するのは、なんと日本初!?の安楽椅子探偵、執事の影山。
  彼は、いくつもの企業を擁する世界的に有名な「宝生グループ」、宝生家のお嬢様麗子のお抱え運転手。本当は、プロの探偵か野球選手になりたかったという影山は、謎を解明しない麗子に時に容赦ない暴言を吐きながら、事件の核心に迫っていく。
  本格ものの謎解きを満喫でき、ユーモアたっぷりのふたりの掛け合いが楽しい連作ミステリ。



第2位
ふがいない僕は空を見た
『ふがいない僕は空を見た』窪美澄
(新潮社、1470円)
 これって性欲?でも、それだけじゃないはず。高校一年、斉藤卓巳。ずっと好きだったクラスメートに告白されても、頭の中はコミケで出会った主婦、あんずのことでいっぱい。団地で暮らす同級生、助産院をいとなむお母さん…16歳のやりきれない思いは周りの人たちに波紋を広げ、彼らの生きかたまでも変えていく。
  第8回「女による女のためのR‐18文学賞」大賞受賞。



第3位
ペンギン・ハイウェイ 『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦
(角川書店、1680円)
 小学4年生のぼくが住む郊外の町に突然ペンギンたちが現れた。この事件に歯科医院のお姉さんの不思議な力が関わっていることを知ったぼくは、その謎を研究することにした。
  未知と出会うことの驚きに満ちた長編小説。



第4位
錨を上げよ 上・下 『錨を上げよ 上・下』百田尚樹
(講談社、各1995円)
 この男、いったい、何者か。昭和30年大阪下町生まれ。その名は、作田又三。下品で、ずるくて、しぶとくて、ルール無視でもお構いなし。人生の至る所で敗北を喫しながらも、絶対にへこたれない不屈の男。



第5位
シューマンの指 『シューマンの指』奥泉光
(講談社、1680円)

第6位
叫びと祈り 『叫びと祈り』梓崎優
(東京創元社、1680円)

 シューマンに憑かれた天才美少年ピアニスト、永嶺修人。彼に焦がれる音大受験生の「私」。卒業式の夜、彼らが通う高校で女子生徒が殺害された。現場に居合わせた修人はその後、指にピアニストとして致命的な怪我を負い、事件は未解決のまま30年の年月が流れる。
  そんなある日「私」の元に修人が外国でシューマンを弾いていたという「ありえない」噂が伝わる。修人の指に、いったいなにが起きたのか。
   砂漠を行くキャラバンを襲った連続殺人、スペインの風車の丘で繰り広げられる推理合戦、ロシアの修道院で勃発した列聖を巡る悲劇…ひとりの青年が世界各国で遭遇する、数々の異様な謎。



第7位
悪の教典 上・下 『悪の教典 上・下』貴志 祐介
(文藝春秋、各1800円)

第8位
神様のカルテ2 『神様のカルテ2』夏川草介
(角川書店、1575円)
 とびきり有能な教師がサイコパスだったとしたら、その凶行は誰が止められるのか──ピカレスクの輝きを秘めた戦慄のサイコ・ホラー。
  2010年度「このミステリーがすごい!」第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」第1位、第1回山田風太郎賞。
 信州にある「24時間、365日対応」の病院では、今日も奇蹟が起きる。「一止とハルさん」の新たな物語。
  第一弾は櫻井翔、宮崎あおいの出演で2011年全国東宝系にて、映画化決定!



第9位
キケン 『キケン』有川 浩
(新潮社、1470円)
第10位
ストーリー・セラー 『ストーリー・セラー』有川 浩
(新潮社、1365円)

 成南電気工科大学機械制御研究部略称「機研」。彼らの巻き起こす、およそ人間の所行とは思えない数々の事件から、周りからは畏怖と慄きをもって、キケン=危険、と呼び恐れられていた。これは、その伝説的黄金時代を描いた物語である。  このままずっと小説を書き続けるか、あるいは…。小説家と、彼女を支える夫を突然襲った、あまりにも過酷な運命。極限の選択を求められた彼女は、今まで最高の読者でいてくれた夫のために、物語を紡ぎ続けた――。
  単行本のために書き下ろされた新たな一篇を加えて贈る完全版!



「中2男子に読ませたい!中2賞」
最も多感なお年頃(?)な中2男子に読ませたい、そんな本を発行日・ジャンル問わずに選出する「中2賞」には、以下の2冊が選ばれました。

非属の才能 『非属の才能』山田 玲司 (光文社、735円)
キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス 『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか デラックス』北尾トロ(朝日新聞出版、672円)




 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.