メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロ書店神戸御影店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
メトロニュース
2010.11/5発行 No.197  
特集 版元さんリレーエッセイ ぶくぶくコラムステンドグラス

ぶくぶくコラム
『 長崎県 大村市 N様 』
観てから読むか、読んでから観るか
  長崎市出身の芥川賞作家吉田修一さんの原作による映画『悪人(上・下)』(朝日新聞出版、各567円)が今上映中である。最近小説を読んでいなかったのだが「長崎市出身」「芥川賞作家」の二つのキーワードに惹かれ早速原作を購入した。

悪人(上)
悪人(下)

『悪人(上・下)』(朝日新聞出版、各567円)

  そこで悩んだのが「原作を読んでから映画を観るか、映画を観てから原作を読むか」である。映画を観てから原作を読めばストーリーが大体頭に入っているのでスラスラと読めるのではないかと思う反面、やはり原作をじっくりと読んでからの方が映画も楽しく観れるのではないかという思いもある。
  たまたま知人にこの映画を観たという人がいたので、この悩みを投げかけてみた。すると「本ば読んでからの方が面白かよ」と言うので、まず読んでみようと思い先日やっと読み終えたところである。
  某月刊誌の中に、あるアニメ作品の映画を観たということでの記事があった。この方はその後どうしても原作が読みたくなり購入したそうであるが、読み終わるのが惜しいほどのめりこんだということである。アニメ映画などではわずかの会話だけで、視覚で観る者に伝わってくる。しかしこれを文字にして表現すると、書くにしても読むにしても厖大な量になり、また表現の仕方によってもその情景が変わってくる。この方は「本や文字という媒体でことばを拾い、繰り返し読み、あれこれ考える場所は、どこかに確保されていなければならない」と結んでおられた。
私はまだ映画の「悪人」は観ていない。原作の方は既に読んでいるのでストーリーは分かるのだが、この方がおっしゃるように映画を観た後で原作にその情景がどうことばや文章で表現されているのかというところも少し興味深いかも知れないと感じた次第である。

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.