メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロ書店神戸御影店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
メトロニュース

2010.11/5発行 No.197

 
特集 版元さんリレーエッセイ ぶくぶくコラムステンドグラス

ステンドグラス
「秋は心に栄養を」

若い頃から美術館へ行くのが好きである。本やテレビなどでしか見たことのない絵画や彫刻などを直接この目で見るのは楽しい驚きがある。大きいと思っていた「モナリザ」が案外小さかったり、前面だけしか見えなかった彫刻を角度を変えて見ると又違う趣があったり、といろいろな発見があるものだ。
先日も上京の際、大好きな「上村松園」の絵を見に行った。普段は上京してもスケジュールがびっしりで、なかなか時間が取れないのだが、この日はぽっかり午前中が空いたので、竹橋にある国立近代美術館へ向かった。平日の午前なので空いていると思ったのに入場券を求める長蛇の列だった。
全国各地から松園の絵が集められ、18歳の頃から晩年に至るまで素描も含めて約100点の絵が展示されていた。
有名な「序の舞」を初めて見たが、謡曲を習っていた経験を踏まえて描かれているので、じっと見つめていると、舞囃子が聞こえてくるようだった。畳一畳分位の大きさで、圧巻であった。又、「虫の音に耳を傾けている絵」や「砧」と題された、赴任した夫に思いを馳せる憂いを含んだ女性の絵なども、静謐な辺りの静けさまでこちらに伝わってくる。写真や模写ではなく本ものの絵は心に直接響いてくる。
彼女の絵画にはどれにも日本女性の凛とした美しさ、気品の良さがあふれている。最近こんなに凛として毅然としていて、しかも寡黙な日本女性がいるだろうか?自分も含めて反省しきりである。松園の絵に目を奪われ、心を洗われたひと時であった。(11月2日からは京都国立近代美術館で展示)

                                                 (専務取締役 川崎 紀子)

 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.