メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロ書店神戸御影店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
メトロニュース
2010.9/5発行 No.195  
特集 版元さんリレーエッセイ ステンドグラス 編集後記
編集後記

 
『忘れられない夏』
  メトロ書店本店がアミュプラザ長崎に移転オープンして今年でおかげさまで10年になる。今までご愛顧下さったお客様をはじめ、日販、出版社の方々に心から感謝申し上げたい。何しろメトロ書店初の大型店出店である。それまで2フロア80坪だった小さな書店がいきなり400坪の大型店になるのである。しかも、半年前には近隣のショッピングセンターに全国チェーンのK書店が500坪で出店しており、いやがおうにもプレッシャーは高まっていた。
  開店まで1ヶ月を迎えた8月中旬。全ての工事が終わり、什器(本棚)の設置が終了し、いよいよ本の搬入が始まった。ダンボール箱4,000箱分の書籍が搬入される、と聞いて気が遠くなりそうになった。アミュプラザ長崎の搬入用のエレベーターを2台とも一日中借り切って、荷物を3階まで上げる。
  運ばれてきたダンボールは、中身のジャンルに応じて、それぞれの売場へ移動させる。そして、ひたすらダンボール箱を開けては、本を仕分けし、棚詰する、の繰り返し。8月下旬であるが、まだエアコンは動かない。全身汗みどろになりながらの作業であった。今思えば恥ずかしいが、作業のときはTシャツに短パン、頭にはねじりはちまきをして、2リットル入りのペットボトルをラッパ飲みしながら作業をしていた。3週間、来る日も来る日も、ダンボ-ル箱を開けては、本を取り出し、仕分けして、棚詰めする作業。その頃は毎晩夢の中でも品出しの夢を見ていた。
  その証拠に、私は家で寝ている時に、寝ぼけて枕もとにあった本を持ち上げて、隣で寝ていた(元)夫に「はい、これは人文・哲学」と言って渡したことがあったそうだ。
  何もかもが初めてのことだったので、大変だった。「この街だから、この書店」をキャッチフレーズに、とにかく「良い店を作ろう」との想いだけで一心に準備を行った。
  やがて、プレ・オープン(9月20日)の前夜。全ての本詰めが完了し、POPやポスターの貼付やフェアの飾り付けも何とか間に合った。ところが、作業終了時間になっても、スタッフの皆がなかなか帰ろうとしない。みんな何となくやり残したことがあるのではないかと心配なのだ。「さぁ、みんなはよ帰って、明日に備えて、ゆっくり休もうや」の店長のひと言で全員が帰途についた。
  明けてプレ・オープンの朝、「大変です!高架広場の向こう側まで行列が並んでいます!!」関係者や一部のお得意様のみの内覧会のはずなのに、ものすごい数のお客様にお越し頂いた。翌日グランド・オープンの9月21日には文字通り息つく間もないほどの大盛況ぶりで新しいメトロ書店本店がスタートした。
  実は奇しくもこのグランドオープンの夜に、私の祖父であり、メトロ書店の創業者・川崎清会長が亡くなった。春頃から闘病生活を続けていたが、グランドオープンの夜、「おじいちゃん、無事本店がオープンしたよ、お客様も沢山お越し下さったよ」との私の言葉を聞いてから、閉店時間の21時すぎに息を引き取った。
  大きな誕生と、大きな別れの忘れられない夏となった。 (メトロ書店 戦略企画室 部長 川崎綾子)
    
 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.