メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロ書店神戸御影店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
メトロニュース
2010.6/5発行 No.192  
特集 版元さんリレーエッセイ ステンドグラス

特集
トイレ文庫のすすめ

 先日、トイレ文庫を設置した。棚に入らない本達を避難させた事がきっかけだが、これが中々重宝している。お風呂中も、寝る寸前でも読む本が無いと落ち着かなかったのだから、トイレに無かったのが逆に不思議な状態である。しかし、設置して3ヶ月程経った最近、置いている本に飽きてきた。それぞれ3回ずつは読んだので飽きるのも至極当然である。
そこで今回は、皆様にトイレ文庫のオススメ&トイレ用本のご紹介もして、ついでに次に置く本を楽しく計画したい。まずはトイレ文庫の素敵さをご紹介。

☆素敵さその1☆
「手持ち無沙汰にならない」

身もフタもないが、よんどころない事情でどうしてもトイレに篭る必要がある時、若干情けなく、少し恥ずかしく、大変悲しい独特のあの気持ちが軽減される。
☆素敵さその2☆
「知的に見える」

あざといのは重々承知。だが、片付いていない部屋に突然家族や友達が遊びに来ても、トイレに本があると勉強家さんのお部屋に見える!(のでは)との期待をこめてみたい。
☆素敵さその3☆
「辻占」効果。

お風呂やトイレは、考え事を嫌でもしてしまう空間である。特に悩み事がある時、目の前の本で気を紛らわせるもよし、また適当な本を開いて辻占(※)をしてみるのも良いのではないだろうか。(※偶然出会ったものを行動の指針にすること)

と、ここまで読んだ方で「ちょっと良いかも」と思っていただけた方、よろしければ続く「設置おススメ本」を是非検討されたい。

『イケズの構造』(入江 敦彦、新潮社、380円) 
「京都」と言えば、歴史、はんなり、そして京都人のイケズ。怖いらしい。「お茶漬け食べていきなさい」は「さっさと帰れ」という意味らしい…。そんな噂のイケズについて、生粋の京都人が「よそさん」に解説しましょうというエッセイ集。右の「お茶漬け」話についても解説有り。京都解説本として十分面白い上にコミュニケーション論としても秀作。しかも語り口が軽くて読みやすい。短編が集まっているので短時間で読みたいトイレ文庫には最適。長時間篭る時は一気読みしても良しである。

  イケズの構造

『侏儒の言葉・西方の人』(芥川 龍之介、新潮社、380円)
昨今流行のTwitter芥川版といったところ。芥川さんの呟きがひたすら並ぶ。警句や箴言が満載の一冊で「辻占」効果は抜群。ただし、気落ちしがちな時は読まれない事をお薦めする。

  侏儒の言葉・西方の人

『イタリアからの手紙』(塩野 七生、新潮社、420円)
格好良い歴史上の男性を書かせたら二本の指に入る(と勝手に筆者が思っている)塩野女史のイタリアへの愛に溢れるエッセイ集。(ちなみにもう一人は永井路子さん)
冷静な文章から皮肉やユーモアを生み出す塩野女史の魅力が味わえる。(筆者のお気に入りは「骸骨寺」。無邪気って恐ろしい。)
他にも『愛の年代記』(塩野 七生、新潮社、460円)『チェーザレボルジアあるいは優雅なる冷酷』(塩野 七生、新潮社、540円)『サイレント・マイノリティ』(塩野 七生、新潮社、540円)などおいしい作品が多数ある。短編で筆慣らしをしてから長編にとりかかる書き方をされるので、長編の舞台裏的なエピソードが読める事もあり、この点でもお薦めしたい。

  イタリアからの手紙

『むかしの味』(池波 正太郎、新潮社、420円) 池波正太郎さんと言えば時代小説の大家だが、同時に「食べ物描写」でも定評がある。『剣客商売』全16巻(池波 正太郎、新潮社、460〜580円)『鬼平犯科帳』全24巻(池波 正太郎、文藝春秋、450〜570円)を読みながら何回台所を漁ったかしれない。そんな池波さんが食べ物について綴ったエッセイ。 高価な食べ物でなく、季節を感じる素朴な(または粋な)食事について書かれている。この一作以外にも出版されているので、そちらもお薦め。ただしダイエット中はやめておいたほうが無難かと思われる。(なので筆者は当分置けない)

  むかしの味

以上の他にも、 『とるにたらないものもの』(江國香織、集英社、440円) おはじき・夕方・輪ゴムなどとても小さな日常の「好きなもの」が書かれた作品で読むうちに心が凪いでくるや、『3月のライオン』1〜4巻(羽海野 チカ、白泉社、490〜510円)中学生で棋士になった少年の物語、『あのひととここだけのおしゃべり』《よしながふみ対談集》(よしなが ふみ、太田出版、1260円)とあわせて読むと、作話エピソードの裏側が読み出されて大変楽しい。

  3月のライオン



などなど妄想は広がるばかりだが際限ないのでこの辺りで取りやめたい。 皆様もご自宅のトイレを想像しながら書店を巡ってみては如何だろうか。※…ただし、一人暮らしではない方は、時と場合を選びましょう(笑)

                  メトロコンピュータサービス開発部 S・F

 




 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.