メトロニュース
今月のメトロニュース
Back Number
2012年
2011年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年以前
 
原稿募集中!!
Metro Group Links
メトロ書店
メトロ書店神戸御影店
メトロブッククラブ
MMCメトロミステリー倶楽部
MOCめとろおやこくらぶ

 
メトロニュース
2009.7/5発行 No.181  
特集 版元さんリレーエッセイ ステンドグラス

特集

『 21世紀最長!皆既日食、来る!! 』
 小さい頃テレビで見たアニメ。SF物だったということ以外、題名はおろかストーリーさえも全く覚えていない。ただ唯一覚えているシーンに、皆既日食時、太陽のコロナが黒い影の縁から漏れて光り、指輪のように見えるという現象があった。(そのアニメの中ではキーとなる現象だったような気がする。)
 当時の私は幼すぎて、正直「皆既日食」「宇宙」「指輪」という言葉自体なじみが無く、全くぴんときてはいなかったのだが、アニメの演出効果もあり、神秘性と希少性だけは感じ取ることができた。特に希少性の方を大きく感じたらしく、「日食というのはとにかく珍しい現象らしい。ということは、きっと私が生きている間には見ることができないだろう。」と勝手に思い込んでいた。 それがなんと、今月7月22日(水)。日本で観測できるのだという!!
残念ながら私の地元で観測できるのは、完全に隠れる「皆既日食」ではなく、部分的に隠れ
る「部分日食」なのだが、それでも9割近くが隠れるとのこと。私の中では伝説に立ち会えた位のスペシャルな出来事となりそうだ。

 調べてみたところ、日本の陸地で皆既日食を観測できるのは実に46年ぶり。しかも、日食が始まってから終わるまでの時間は7分弱と、21世紀中では最長の日食になるとのこと。私ですら興奮を覚えるイベントなのだ。元々大好きな人には心底たまらない一大イベントになるだろう。
さて、話は少しそれるが、私は高校時代、理科の専修が地学だった。周りの皆はほとんど生物を選択していたのだが、生物は何か、計算式や数字に対峙しなければいけないようなイメージがあり、結果、地学を選択したのだった(※私は数字があまり好きではない。結局、地学でも計算は出てくるので、完全に逃げ切れはしなかったのだが…)。しかし、始まりの理由はともあれ、私は地学を学べて良かったと思う。「地学」なので、勿論地球そのものについての勉強もしたが、「地球」を取り巻く「宇宙」についても学んだ。
当たり前過ぎて、言うのも若干恥ずかしさを覚えるが、敢えて言わせていただく。「宇宙」は半端なくスケールが大きい。距離にしろ、時間にしろ、出てくる数字が、普段触れるそれとは別格で桁が大きい。私たちは、日常生活の中で、ほんの周囲1メートル位の範囲内ですら完全に把握しきれないでいるのに、宇宙空間内では、とてつもなく巨大な物質が、果てしなく長い年月のなかで、想像もつかないような変化を遂げている。そのことに触れた時に覚える感情は、初めての本を読み進む時のワクワク感に似ていた。「この先、どんな話の展開が待っているのだろう?」その先にある未知の領域の巨大さを想像すると、どこか深いところに吸い込まれるような感触におそわれ、首筋がそわっとするのを感じるのだ。
  ここで、「宇宙」初心者の方におすすめの本がある。
『眠れなくなる宇宙のはなし』(佐藤勝彦、宝島社、1470円)
  私たち地球人が、宇宙に対してどのような想いを抱き、接してきたかについて歴史的な側面からも触れており、とても読みやすくなっている。学術的な内容も分かりやすく説明してあり、読み応えも十分にある。「宇宙の95%は正体不明の未知の物質で出来ている」など、あまりの謎の大きさに、心地よい眩暈を覚えた程だ。
 誰しも幼い頃、夜空を見上げ、眼前に広がる世界の不思議さと偉大さに畏怖した経験があるのではないだろうか。ガリレオ・ガリレイが望遠鏡による宇宙観測を始めてから400周年の今年は、「世界天文年2009」とされている。21世紀最長規模の日食があるこの月、もう一度空の向こう側にある「宇宙」に想いをはせてみてはいかが?
  ちなみに、今回日食について調べる中で、観測方法について知る機会があった。専用の日食グラスで見るのも一つの手だが、実はそれ以外にも色々な観測方法があるらしい。「そうやったらそういう風に見えるの?!」と驚く観測方法もあった。世界天文年の公式HPに詳しい特集ページがあるので、気になる方は是非調べてみてほしい。

メトロニュース編集部 T・B


 
メトロニュース編集部 〒850-0862 長崎市出島町5-2 川崎興産株式会社メトロ書店 本社ビル1F
TEL:095-826-0433 FAX:095-824-6977 news@metrobooks.co.jp
Copyright 2008-2012 Metro News All Rights Reserved.