「長崎市 M様」
 
 メトロ書浜町店でいいものを見つけた。レジで本の購入をしている時に薄い本が並んでいたので、ふと手に取ってみると『My読書ノート』というタイトルの本であった。パラパラとめくってみたら、大人のための読書ノートだ。早速購入して帰った。
 今、私が使っている読書ノートは、小学館発行で『My読書ノート』と同じタイトルであり、06年10月〜07年12月まで記入できる日記形式である。文庫本の大きさで現在利用中である。
 メトロ書店発行のものは単行本の大きさで内容はどちらも似たようなものであまり変わらない。しかし、今使っている読書ノートは小型なので便利ではあるが、高齢者にとっては記入する行間が狭く、スペースも少ない。メトロ書店のものは、それより大きくまた日記形式ではなく自由記述なので、取りくみやすい。いつからでも記入できるのもいい。内容についても、1ページに「何冊の本とめぐり会いましたか?」として、印をして10冊〜50冊まで記入できるのも自分の読書量をはかるのに好都合であり、気合が入りそうだ。2ページ目から、一冊の本について、書名や著者名、出版社名、それに「採点」で五つ星満点で自己評価できるのも面白い。あとは「あらすじ」5行、「感想」8行。記入するのに不足ないようだ。ページの最後に○冊目という項目があって楽しい。これも意欲をそそる。表紙は、明るいブラウン調の色彩で見た目も楽しく、書かれている言葉も英語と下に日本語訳があり、読書好きの人の気持ちをなごませてくれる。「手に入れましたか? 魔法のMy BOOK」などと机に置いて眺めるのも楽しくなりそう。
 私も読書会を二個所受け持って月2回仲間とガヤガヤ楽しくしゃべり合っている。実のある内容にするために、この『My読書ノート』を会員にプレゼントしようかなあと、今考えている。値段も200円でポケットマネーで買えるから…。

※メトロ書店オリジナル読書ノート4種類好評発売中です!
 
メトロニュース Copyrightc 2007 Metro News All Rights Reserved.
このページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。