2007年10月5日号・第160号 news@metrobooks.co.jp(←投稿はこちらへ)


Do you know 日本?

 NTT Docomo「FOMA N703iD」のプロダクトデザインなどで知られるアートディレクター、佐藤可士和氏が設立したオフィスの名前が「サムライ」。佐藤氏の真意はわかりませんが、アートディレクターという新しさや斬新さを求められそうな方が自分のオフィスの名前に歴史の教科書に出てくる言葉を使う、という発想が面白いです。そう、歴史は古臭いものではないのですね。
  歴史は「触れず嫌い」の方が多いかもしれませんが、やはり勿体ない。今月は、秋に相次いで刊行される、面白そうな歴史に関する書籍を紹介したいと思います。もちろん、歴史が好きな方の期待にも十分に応えられると思います。

全集『日本の歴史』全16巻 小学館 2007年11月刊行開始
第1巻特別定価1995円(2008年5月末まで)
各巻2520円(好評予約受付中)

  しっかり腰を据えて日本の歴史を読み解かれたい方に、小学館が贈る、全集『日本の歴史』をご紹介したいと思います。
  旧石器時代から現代までを網羅した本格的な歴史全集となっています。「新資料・新視点・新解釈」ということが示す通り、今まで常識だと思い込んできたことや学校の授業で習ってきたことが、最近の研究によって塗り替えられています。読み進むにつれ、歴史が新しくなっていく興奮を、ぜひ味わって頂きたいと思います。
  各巻のタイトルも魅力的です。例えば第9巻に予定されているタイトルは『「鎖国」という外交』。…どうです皆さん、「鎖国」とは本当は何だったのでしょうか?このメトロニュースが印刷される長崎・出島の当時の本当の姿は一体! 
  自分が知らない本当の歴史に迫るこの全集の刊行が待ち遠しいです。
  日本の歴史

『日本史1000人』上・下巻 世界文化社 2007年10月中旬発売予定
各巻2520円(好評予約受付中)

 歴史の世界は確かに面白いものですが、どこを切り口に興味を持てば楽しめるのか、迷ってしまうのも事実です。そこで、「人物」から楽しんでみるのはいかがでしょうか?
  「明治維新」の人気が高いのも、坂本龍馬や西郷隆盛など魅力的な人物が大勢登場するからではないでしょうか?
 八代目と聞けば、どうしても暴れん坊でサンバを踊っているイメージが沸いてしまう私にも、親切に歴史上の人物たちを紹介してくれるのが、世界文化社から出版される『日本史1000人』です。
  1000人もの歴史上の人物を「1.写真 2.エピソード 3.日本史見聞録 4.図版 5.人物データ」という5つのポイントで簡潔にわかりやすく紹介しています。文章も無味乾燥な説明文ではなく、短い中に人物の魅力を詰め込んだ豊潤なものとなっています。
 面白い小説には魅力的な登場人物が出てきます。歴史という物語もそれと同じではないでしょうか?歴史上の人物たちの中で、あなたを面白い歴史の世界にエスコートしてくれる案内人は一体誰でしょうか?
  日本史1000人
メトロニュース Copyrightc 2007 Metro News All Rights Reserved.
このページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。