メトロニュースメニューへ
今月の特集へ 版元さんリレーエッセイ
ブクブクコラム ステンドグラス

ワニブックス営業部 S・R様

 「道楽には師が必要だ」
 突然すいません。誰の言葉で、どこに載っていたのかは忘れてしまったのですが、そういう言葉があったことを思い出しまして、これは本についても言えるかなと思ったのです。
 「読書には師が必要だ」と。
 小さい頃から、本は良いぞ、本をたくさん読めと言われてきましたが誰も具体的には導いてくれず、たまに学校で薦められても教訓めいた当り障りの無い本ばかり。
 そんな状況で本を好きになるはずもなく、僕は小さい頃からどちらかといえば本とは無縁の生活でした。「本だったら買ってあげる」という親の言葉にも反抗し、本ってそんなに偉いのか、とも思っておりました。
 だがしかし!そんな僕にも本との出会いがやってきます。それは大学時代の先輩を通してでした。先輩の家の書棚には、見たことも無い奇妙かつ興味をそそられる本がつまっておりました。僕は興奮しました。親や先生なんかには教われなかった世界がそこには存在しておりました。先輩に初めてBOOKジェラシー?というものを感じた僕は叫びたくなりました。
「早く、教えてよーーーー!」
 書店さんというのは、この「先輩」のような存在でいてほしいものです。家庭や学校では知ることのできない世界がそこにはあってほしい。そして、若い人々(だけじゃないですけどね)の本に対するイメージを壊していただきたい。すごく面白くて不思議で今までの価値観がぶっ飛ぶぐらいの世界が本の中にはあったりなかったりするんだよと。弊社が発行しているアイドル写真集にもグッとくる写真がいっぱいつまってるんだぞと。(あっ、宣伝しちゃった!)
それをお手伝いするのが僕ら出版社の営業の仕事だと思っております。
 皆さんの読書の師は誰ですか?どこの書店ですか?(もちろんメトロ書店!?)

プロフィール
197?年生まれ
  熊本県出身
趣味 広東語 香港映画鑑賞


*S・R様ありがとうございました。メトロ書店もぜひ皆様の「読書の先輩」たる書店になりたいと思います。
 来月はSB社C様の予定です。お楽しみに!

今月のTOPへ