ブクブク・コラム メトロニュースメニューへ
今月の特集へ 版元さんリレーエッセイ
ブクブクコラム ステンドグラス


このコーナーでは、お客様から寄せられた本に関するコラムをご紹介しています。
  長崎市 F・K様

 戦没学生記念会編「きけわだつみのこえ」(岩波書店、1680円)は、再読するたびに新しい発見がある。「新聞は泥靴を包んでおいたぼろぼろの新聞まで読みつくした。メンソレタームの効能書を表裏丁寧に読み返したときなどは、文字に飢えるとはこれほどまでに切実なことかとしみじみ感じた」。活字飢餓の気分が如実に伝わる。戦地という特殊な環境のため読みたくても何もない。活字であれば何でも読んでしまう。本や雑誌や新聞など、あらゆる活字が氾濫する現代日本では想像もできない。そういう環境に追い込まれたら、文字に飢える切実さが身にしみてわかるだろうと想像するしかない。身の回りには掃いて捨てるほどの活字があり、あるのが当たり前と思っているから活字のありがたみもわからない。読書習慣とか活字に親しむ運動などは活字を与えないのが効果的かもしれない。全国の書店、コンビニ、キオスク、図書館等の一斉閉鎖、一日だけでも案外効果があるかもしれない。



ブクブク・コラムではメトロ書店のお客様からの投稿をお待ちしています。テーマは「本」に関することならば自由。面白かった本、本にまつわるエピソードなど。字数は800字程度。採用された方には図書カード¥1000をさしあげます。宛先はこのメールまで。news@metrobooks.co.jp ペンネームと題名もお忘れなく!
今月のTOPへ