メトロニュースメニューへ
今月の特集へ 版元さんリレーエッセイ
ステンドグラス
メトロ書店専務 川崎紀子 
 「カレンダー」

 毎年元旦の朝が明けるとカレンダーの表紙を開けるのが楽しみである。さあ、今年はどんな年になるのか、この新しいカレンダーに花マルや×印がどれだけ書き込まれるのかと、ワクワクしてしまう。
自室に掛けるのは、お気に入りの
「FLOWER FAIRIES」のカレンダー。小さい頃に出会ったイギリスのCiceli Mary Barkerの絵本からつくられたカレンダーである。彼女の絵はボタニカルアートとしても素晴らしく、繊細かつ綿密に描かれた花々に、羽のはえた可愛いい妖精が遊ぶさまは、いくつになっても見ていてあきない。
 
 おそろいのデスクダイアリーも買い込んだ。妖精というと大人の姿や女性の姿をした絵が多いが、このフラワーフェアリーの絵は2歳から6歳くらいまでのこどもの姿が描かれている。いきいきとしたこどもたちの表情やコスチュームはどれも少しずつ違っているが、すべて花の色や特徴をつかんでいて楽しい。 どんな生涯を送った人か知らないが、きっとやさしい心の持ち主であったに違いない。このシリーズはカレンダーやダイヤリーだけはでなくトレーやペンケースレターセットや絵葉書などいろいろ作られている。メトロ書店本店でも人気のシリーズですのでぜひ一度ご覧下さい。


今月のTOPへ