ブクブク・コラム メトロニュースメニューへ
今月の特集へ 版元さんリレーエッセイ
ブクブクコラム ステンドグラス
このコーナーでは、お客様から寄せられた本に関するコラムをご紹介しています。
長崎市 ヨッシー様  

 「ブログ」流行の昨今。流行りモノが大好きな私、もちろんブログ、しています。
 「ブログ」とは簡単に言えば、ネット上に公開された個人の日記。本来個人的かつ秘密性の高い日記を公開、しかも万人に向けてというあたりが、おもしろいですね。
 
 さて、今そのブログで流行っているモノがありまして、それは「バトン」!リレーのバトンさながらブロガーたちが「お題」をリレーしていくもの。チェーンメールと誤解される向きもありますが、強制でも脅しでもなく、話題を共有しあおうというものなので私はお断りせず受け取っています。個人的な事柄を共有し、連鎖が始まる、というのが、ブログの大きな特徴だと思ってますので。
 
 たくさんのバトンがあり、これまで目にしたものを一部ご紹介すると「ミュージックバトン」「イメージバトン」「かばんの中身バトン」「子育てバトン」「フラワーバトン」「映画バトン」などなど。
 
 つい先日私のところにも「ブックバトン」なるバトンが回ってきました。その内容は・・・@持っている冊数。A読みかけの本。B最後に買った本。C思い入れのある本を5冊まで。D次にバトンを渡す5名。これを自分のブログに書いて公開するのです。
 
 この「ブックバトン」、内容をご覧いただいても分かるように、他のバトンに比べると、その人の内側が如実に現れ、顔も素性もはっきりしないブログ上のお付き合いにあっては、自分をかなりさらけ出す恥ずかしさもあります。
 
 私が思い入れのある本で選んだのは千葉敦子さんの著書2冊、村上春樹氏、村上龍氏の著書各1冊、そして今はなき翻訳学習の雑誌です。
 
 バトンを渡したお相手は、みなさん、恥ずかしいな〜とおっしゃいながらもちゃんと自分のブログでこれまでの読書人生を公開してくれました。
 
 興味深かったのは、イタリア人と結婚しヴェネチアに住む日本人女性はやはり必要性から聖書の読破に励んでいること、ご主人の赴任先パリで暮らす方は「声に出して読みたい日本語」など日本語関係の本をたくさん読まれていること、若きエリート弁護士氏は実はフランス語で書かれたフランス料理の本を読んで実際に料理が作れるということなどなど。
 
 何を読むのか、どんな本が好きかを知ったことで、今までお付き合いのあった他のブロガーさんたちへの親近感が増し、ますます好きになりました。
 
 「ブックバトン」なかなかおもしろいでしょ?!
ブクブク・コラムではメトロ書店のお客様からの投稿をお待ちしています。テーマは「本」に関することならば自由。面白かった本、本にまつわるエピソードなど。字数は800字程度。採用された方には図書カード¥1000をさしあげます。宛先はこのメールまで。news@metrobooks.co.jp ペンネームと題名もお忘れなく!
今月のTOPへ