メトロニュース メトロニュースメニューへ
今月のTOPへ ブクブクコラムへ
版元さんリレーエッセイへ ステンドグラスへ

2004年2月5日号・第116号 news@metrobooks.co.jp(←投稿はこちらへ)

アンケート
寒かとに、熱かね〜
こんな恋愛してみたい小説大集合!
長崎市 哲様
「愛の手紙」(「ゲイルズバーグの春を愛す」収録)
(ジャック・フィニィ、ハヤカワ文庫FT)

骨とう屋から買い求めた古い机の隠し抽斗から見つかった古い手紙。それは1880年代の乙女によって書かれたラブレターであった。ふとした気まぐれでその手紙に返事を書くと・ ・ ・ 。そこから始まる時空を超えたラブロマンス。そして、その結末は・ ・ ・ 。いつになっても「永遠の思い出のために」と言わせる恋愛こそ恋愛の理想の形であろう。そのように思わせるせつなくも美しい、文庫本でわずか24ページの恋愛小説。


長崎市 宮部利夫様

「瑠璃の海」(小池真理子、集英社)

 バス事故で最愛の夫を失った30代半ばの萌と、同じ事故で一人娘を亡くした中年の作家遊作が、被害者の会で偶然に出会い、二人は突然の悲劇を媒介にして結びつく。夫と娘と離れて、運命に流されるまま、次第に狂おしいほどの、愛に身を任せて、絶望の果てにたどりつく、九州の平戸を舞台に繰り広げられる
究極の恋愛長編小説。もちろん、究極には至らない恋愛はあるが、一度は男としてこんな女性と出会ってみたいもの。



諫早市 るんを様
「ナナイロノコイ」
(江國香織ほか、角川春樹事務所)

7人の作者がそれぞれ恋愛小説を綴った本。私は「くらげ」(著者はソウル生まれのミーヨン)を推薦します!
名前すら知らない彼と彼女は「契約恋愛」を交わす。あなたも「偶然と必然がお見合いするところ」へ行ってみたくありませんか?





長崎市 ナンシー様

「野菊の墓」(伊藤左千夫)

あらすじ:明治時代、旧家の息子政夫と、従妹の民子は淡い恋に落ちる。しかし、周囲の大人たちの中傷によって二人の仲は裂かれ、民子は他家に嫁ぎ夭折する。最後の一文が若いころは大嫌いだったけど、今は解るような気がします。「世界の中心で愛を叫ぶ」を読んで思わず思い出した小説です。まぁ、これは王道ですが・ ・ ・ 。

本店外商部 主任 田中政美

「冷静と情熱のあいだ Rosso」
(江國香織、角川書店)
いるつもりなんですよミラノに。なったつもりなんですよアオイに。女性なら誰でも憧れますよね、なってみたいですよね。

本店インフォメーション 友ちゃん

「LINE@〜B」(西村しのぶ 講談社)

働く伊達女リツコはブティックの女店長。そんなリツコと、カフェで働く大学生の邦彦との甘い恋愛。漫画ならではの、大人のお伽噺的作品ですが、乙女のドリーム満載!こんなことあっ
たらいいなーと思えるような恋愛エピソードがちりばめられていて、読んだら読んだだけ幸せをもらえるような作品です。疲れた時の癒し効果絶大!この幸せ度は小説では無理!



本店 外商部 中村眞由美

「冬のソナタ」(キムウニ、ユンウンギョン、宮本尚寛訳、日本放送出版協会)

切ない初恋、胸に刻まれた消えない思い出。でも、もうこの世にいないはずの初恋の人に会ってしまったらどうしますか?もう、とにかく主人公のチョン・ユジンとカン・ジュサンの相手を想う気持ちが素晴らしい。純・純・純愛小説です!!

本店インフォメーション 今村潤子
「贅沢な恋愛」(林真理子他 角川書店)

どんな愛し方、どんな愛され方が贅沢と言えるのかを8人の作家が描く恋愛小説集。その中の「空からの手紙」(藤堂志津子:著)主人公、礼美は東京で働く恋人がいるが、学歴・家柄・容姿すべて備えた男性から求婚されている。恋人との別れを考えているそんな時、札幌雪まつりの日に東京の恋人が訪れ彼のほうから別れを告げられる。礼美のくだした決断は…?自分にとっての幸せって何?冬になんとなく切なくなるラブストーリーです。

本店文芸書担当:浦川亜津子
「チューインガム」(山田詠美、幻冬舎文庫)
ココとルーファスは、出会うまでそんなに幸福ではなかった。けれど、互いを知っていくうちに、恋愛+αの関係になっていき、不純物ゼロの気持ちを知っていく。山田詠美の自らの体験をもとに描く恋愛結婚小説。恋愛でありながら、互いを尊重していける関係や、純度が高くなっていくところが好きです。

本店 インフォメーション 石橋愛
「新・花織高校恋愛サスペンスシリーズ」(藤本ひとみ、コバルト文庫)
*版元品切・重版未定のものもあり

親友が片思いしている美馬貴司(2歳年下)を、こらしめてやろうと思い、逆に好きになってしまった主人公花純ちゃん。おまけに花純ちゃんのお母さんが、美馬さんのお父さんと結婚することに。ますますうまくいかない花純ちゃんの恋。これは小・中学校の時に読んだ恋愛のバイブルです。今でもたまに読み返してトキメキに浸ります。また美形ぞろいで大満足。



今月のTOPへ