メトロニュースメニューへ
今月のTOPへ ブクブクコラム
版元さんリレーエッセイ 母の日に贈りたい本
東京創元社営業部 Y・S様

 こんにちは。東京創元社の渋沢と申します。今回初めて書かせて頂きます。
 この仕事に就いて一年が過ぎ、旅先で書店を見つけると無意識に足が向いたり、小社の棚の前で買おうか迷っているお客様を見かけると、背後から「買え買え買えレジレジレジ」と念を送る職業病(?)も出るようになりました。
 さて、僕もご多聞にもれず「本が好きだから」という理由からこの職業に就いたのですが、多くの本好きの方々の話を聞くと「僕の本好き度もまだまだだなぁ」と痛感します。「電車で寝過ごしたことは一度もないが、本を読んでいて通過してしまったことは
何度もある」とか「お前の本好き度より俺の映画好き度の方が上だ、と言われて数週間絶交状態になったことがある」という方々を見るにつけ、その思いは増すのであります。
 特に書店員の方々は知識も本への思い入れも強い。僕が最近読んだ本のほとんどは書店の方に薦められたものですが、これがまたどれも面白い。「もしこの本が面白くなかったというならお茶をおごるよ」と薦められた本がやはりとても面白くて、お礼にお茶をごちそうしたということもありました。
 そんな感じで書店様に伺うたびに「お薦め本ありますか?」と聞いていたので、最近では逆営業を受けることも多くなりました。「これは絶対天国にも持っていく本です。あ、地獄でも絶対頑張って持って行きます」とか「この本があれば山手線何周でもできる」と力強く薦められたりすると「この方は本当に本が好きなんだなぁ」と思うと同時に「営業の僕より断然本を薦めるのが上手だなぁ」と購入した本を片手にしみじみと思うのであります。
 みなさんも良い本はどんどんお薦めして、また薦められて色々読んでみましょう。必ずや良い出会いがあるかと思います。その暁には東京創元社Sまで…。

Y・S様プロフィール

197●年9月14日生
趣味:音楽鑑賞。
   浅漬け大好き。



★編集部より:
 Y・S様ありがとうございました。次回は同じくミステリの出版で有名なH社T様の予定です。当コラムでは出版社担当者様からの寄稿をお待ちしております。編集部までお寄せ下さいませ。
 

今月のTOPへ