メトロニュース メトロニュースメニューへ
今月のTOPへ ブクブクコラム 本店スタッフ紹介
版元さんリレーエッセイ メトロ川柳 編集長の読書日記

2002年6月5日号・第96号 news@metrobooks.co.jp(←原稿はこちらへ)

今、文庫が熱い!売れ筋文庫のご案内
 大ベストセラーが出なくなったと言われて久しいこの頃。 文庫が今、ジワジワとブームを呼んでいる。
 メトロ書店本店で文庫をお買い上げのお客様にお話を伺った。
「小さいのでどこででも読めて嬉しい。電車の中で、トイレの中で、お風呂の中で…」(長崎市T・Kさん・男性)「単行本だと高いお金を払って面白くなかったら損した、と思うけれど、文庫ならまだマシ。でも、文庫もたまに高い本があるから注意だね」(長崎市H・Sさん・男性)「色んな文庫が創刊されているので、立ち読みするのも楽しいです」(長与町N・Mさん・女性)「意外に雑学なんかためになる本があるから知識の向上にも助かるんですよ」(長崎市K・Oさん・女性)
 このように、手頃な代金で購入でき、持ち運びにも便利な文庫が人気を呼んでいるようだ。
 そこで、今月はメトロ書店でも特によく売れている文庫をご紹介したいと思う。

 まず、本店で売上ベスト1位の文庫。『上品な話し方 〜人をひきつけ、自分を活かす』(塩月弥栄子、知恵の森文庫・光文社、¥457)。やはり世の中、話し言葉が乱れていると思う人が多いのか、この本よく売れている。著者はマナーや礼儀作法などの著作や講演で有名な塩月弥栄子氏。人に上品な印象を与えるためには、まず話し方よりもその内容。常日頃から色々なところにアンテナを張り、自分の知識を高めることが大切、と説く。おしゃべりな本紙編集長も「言いたいことは口八分」の章を真剣に読んでいた。人と人とのコミュニケーションをうまくはかるためには、やはり話し方を大事にしなければいけない。老若男女問わず人気の一冊である。
 
 お次は、浜町店で売上NO1の文庫。『中年以後』(曽野綾子、知恵の森文庫・光文社、¥495)。人生ここからが面白い!曽野綾子流「はげまし」エッセイ。人生は中年を境に、老年と死に向かうという大体のシナリオはもう決まっている。だが、「中年以後」にしか人生は熟さない。失うことを受け入れる心を持つのと引き替えに、この時期にしか見えてこないもの、味わえないものがある。この時期をどう過ごし、どう乗り越えればいいか。そのヒントがこの本の中にある。
若い女性に人気なのがこれ、『落ちこむ自分と仲良くする50の方法』(中山庸子、幻冬舎文庫、¥457)。元気を取り戻す心のサプリメント(お薬)。と帯にあるが、このテの本が文庫になれば、それこそどこにでも持ち歩けるし、ちょっとくたびれてしまった時にでも、さっと開いて好きな章から読める。そこが人気の秘訣かも知れない。
 
 雑学の王様とも呼べる一冊は『今さら他人には聞けない疑問650』(エンサイクロネット編、知恵の森文庫・光文社、¥686)。「ナゼだ?」と誰でも、一度とりつかれると、答えを知りたくてたまらなくなる疑問、愚問、珍問、難問がきっとあるはず。その答えは、ときに高尚すぎて、あるいは下らなすぎて、学校では教えてくれない。専門家に尋ねることもまず無理。そんなイマドキのなぞ650を徹底解明。思わず誰かに教えたくなる。クイズゲームにも良いようだ。
 
 『動きのクセでわかる できる上司できない上司』(馬渕哲・南條恵、日経ビジネス人文庫、¥619)。この本は、手をはじめ、体の動きでその人がどんな人間かを分析してしまう本。こんな本が文庫で出ればちょっと恐ろしい。だって、オフィスなどでこっそり同僚と読んで、「○○部長って、優柔不断な動きだぜ」「あ、ホントだ。当たってるかもー」なんて陰で言われかねない。でも、面白い。
 
 最後に、いつでも沢山本を読みたいと思っている読書家におすすめの文庫。『1冊を1分のスーパー速読法』(日本速読協会、祥伝社黄金文庫、¥543)目次だけ読んでもスゴイ。ただ本を速く読むためだけでなく、問題を目にした途端解答が浮かんできたという受験生や、細かい設計図面が一瞬でわかるようになった建築設計技師、野球の打率が6割にあがった男性の話など、非常に興味深い。まずはこの本を読んでから他の本を読むのがいいかも知れない。
 
 こうして売れ筋の文庫を見てみると、光文社の「知恵の森文庫」シリーズが元気がいいのに気がつく。創刊2周年の当文庫は、現在「本のムシくんグラス」プレゼントキャンペーン実施中である。プレゼント応募はがきに記入して送ると、抽選で1000名様にかわいい本のムシくん(読書姿のアオムシくん)のグラス2個セットが当たるという嬉しい企画。7月20日までなので、ご注意を。
 
 また、先日創刊されたばかりの集英社be文庫もなかなかおしゃれで人気を呼んでいる。(詳しくは下の欄参照)。
皆さん、まずはお手軽な文庫から読書を始めてみませんか?


            

集英社be文庫創刊!
おしゃれで楽しい8点のご紹介
詳しくはメトロ書店全店で創刊フェア開催中!

「今さらながらの和食修業」(阿川佐和子、¥695)
「あぐり95年の奇跡」(吉行あぐり、¥571)
「正直な作り手の味」(浜美枝、¥686)
「はなのとっておきスウィーツBOOK」(はな、¥648)
「所さんにまかせなさい」(所ジョージ、¥552)
「愛しの筋腫ちゃん」(横森りか、¥552)
「変えられます!恋する女の強運・凶運」(エミール・シェラザード、 ¥590)


 集英社ホームページでは、上記8点の書評を募集中。採用された方にはオリジナル図書カード¥1000分がもらえます。あなたも応募してみてはいかが? 

メトロニュースTOPへ