メトロニュースメニューへ
今月のTOPへ ブクブクコラム 本店スタッフ紹介
版元さんリレーエッセイ ステンドグラス 編集長の読書日記
 角川書店 営業局 販売促進部 T・T様


 四月より、編集部から営業局にやってまいりましたわけですが、未だに編集者であったころのクセのようなものが抜けきれず、時々どきっとすることがあります。
 
 先日、書店さまを訪問させていただいた際、平積されている新刊本を眺めていたところ、自分好みのカバーデザインをした本を発見。するとつい体が動いてしまい、その本を開いてカバーデザイナーの名前を調べ、「よし、今度自分が編集する本のカバーはこのデザイナーにお願いしてみよう」などと思いたち、そこではたと我にかえりました。ああ、あの頃はこんな感じで並んでいる本を見ていたなぁと思いかえしながらも、我ながらあきれてしまった次第です。
 
 そんなボケぶりで九州地区を担当させていただいて早四ヶ月が過ぎてしまいました。九州遠征、前途はまだまだ多難なようです。
 
 編集部時代に、黒岩重吾先生の御著作『白鳥の王子 ヤマトタケル 西戦の巻』という文庫の編集を担当させていただいたことがありました。
 
 父である景行天皇から九州平定を命じられ、九州で猛威をふるう熊襲(くまそ)の征伐に向かったヤマトタケルは、わずか十六歳でありながらこれを打ち滅ぼし凱旋――。日本最古の英雄を、雄渾の筆致で描く古代史巨編で、今や九州地区担当の私としては、「う〜むこれも運命か」と思わざるをえない作品です(100%ただの偶然)。
 
 しかしながら同じ九州遠征でも、見事に自分の仕事を果たし凱旋したヤマトタケル、何をするにもおっかなびっくりな未熟者の営業マン。凱旋どころか返り討ちでございます。 
 
 いや、いかんいかん、早くきっちりと仕事ができるようにがんばらねば。いいかげんいい歳でもあるわけだし。
というわけで今後ともぜひよろしくお願いいたします。

☆T・T様プロフィール
A型 さそり座
趣味・お酒を飲むことです(少々飲みすぎ)

好きな小説ジャンル・歴史小説・冒険小説


☆T様ありがとうございました。次回は、K社S様の予定です。お楽しみに。

今月のTOPへ