メトロニュースメニューへ
今月のTOPへ ブクブクコラム スタッフ紹介
版元さんリレーエッセイ ステンドグラス
メトロ書店専務 川崎紀子 
 「天の川」
 
 7月7日は七夕だ。織り姫と彦星が天の川をはさんで一年に一度の逢瀬を楽しむというロマンチックな伝説がある。
 
 昔は空気がきれいだったのか星がよく見えた。夏休みの夜、学校へ集まって校庭で星や月の観察をしたこともある。夜空を仰ぎ見ると満天の星。目がくらくらして実のところよく分からなかった。あれが織り姫、これが彦星、と先生が指し示す方を見て見えたような気がしたものだ。
 
 母は星に詳しくて四季おりおりの星座をよく知っていた。夜一緒に歩くことがあると星を見つけておしえてくれた。ある時、どうしてそんなによく知っているのかと尋ねたら、特攻隊で亡くなった従兄弟達に教えてもらったのだという。兄妹のように仲良くしていた従兄弟達だったという。
 
 亡くなった人たちは生前を知っている人が思い出してやらないとね、とぽつりと言った母の言葉を、七夕がくると思い出す。


今月のTOPへ