メトロニュースメニューへ
今月のTOPへ ブクブクコラム スタッフ紹介
版元さんリレーエッセイ ステンドグラス

 その8 京阪神エルマガジン社 販売部 M・U様 

 暇があれば本屋さん巡り。旅に出れば本屋さん巡り。ついつい本屋さんを見ると、入ってしまうのは、やっぱり病気。でも、僕と同じような本屋さん病の人って多いですよね。皆さんはどうですか。
 特に、旅先で入る本屋さんには、その街の姿が、凝縮して存在しています。最近はコンビニにもタウン誌や地元関連の別冊が置いてありますが、そんなんやなくて、僕は言ってるのはその街の空気。メインの平台を見ると、この街の人たちはこんな本が好きなんかというのが分かるし、棚を見ると街の年輪というか成熟度が見える、地元出版のコーナーを見ると文化度(ちょっと大袈裟ですが)が、タウン誌コーナーを見ると衣食住なんかの日常が、旅のコーナーを見ると平台と棚のバランスで、どこに遊びに行ってるのかも分かる。
 そこで、数冊の本を見繕って買い込み、近所のきたない、おばちゃん達がたむろしてるような喫茶店で、ページをめくる。至福の時ですよね。 どんな地元の名物を食べるより楽しい。
 えっ、大阪はどうかって?そんな本屋さんは減ってます、ほんまの話。大資本のチェーン店がぞろぞろ出店して、ここはどこの街の本屋やねんとつっこんでしまいそうなとこばっか。そんな中で、元気に生きのこってる街の本屋さんを皆さんにだけ、こっそり、お教えしときましょう。
  難波は千日前の「食の専門書店」波屋書店。大阪で今ブームの新しい街、南船場・堀江の空気を感じさせる本屋さん心斎橋アセンス。ナショナルチェーンながら、西山店長が大阪のおばちゃんの雰囲気で棚を大改造した、チェーンの異端旭屋書店東梅田店。谷六にあって街で人気の看板娘が店長を務める隆祥館書店、うち発行のシティマニュアル大阪神戸京都を片手に、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンへ遊びに来た帰りにはぜひ、寄ってみて下さい。損はさせません。
 皆さん、ええ本屋さんを持ってる街こそ、すばらしい街ですぞ。

 
M・Uさんプロフィール
 1959年2月10日生まれ  水瓶座B型
 趣味:旅・芝居・本屋さん巡り


★当コラムでは出版社のご担当者様からの原稿を募集しております。次号は、K社のW様の予定です。お楽しみに!

今月のTOPへ