メトロニュース ブクブク・コラム/談話室/編集後記/メトロ川柳/

編集長の読書日記/原稿募集(切実な願い)/

メトロニュースの歩み(作成中)/
メトロニュースは店頭・外商お得意様・図書館・公民館・主要出版社へ毎月合計1000枚配布しています。

2000年2月5日号・第69号

MOCモック
めとろおやこくらぶ誕生

〜第1回おはなし会開催さる

 「2000年は子ども読書年」にちなんで、先月、メトロ書店では「MMCメトロミステリー倶楽部」に続く二番目のサークル「MOCめとろおやこくらぶ=モック」を結成しました。  

 これは、本好きの子どもと大人ならばだれでも参加できるサークルで、子どもの本とそれに関する情報のやりとりを主なテーマとしています。   

主な活動内容は左のとおり、
  1. 毎月第4土曜日にメトロ書店本店にて絵本のおはなし会を行う
  2. おすすめの本や新刊情報、会員の投稿からなるモックニュースの発行
  3. スタンプカードの発行(おはなし会1回でスタンプ1ヶ、子どもの本1冊で1ヶ、ポイントがたまるとプレゼント)
  4. その他にも大人対象のブックトークなど色々計画中です。
 さて、先月の22日に第1回目の「おはなし会」をメトロ書店の本店で行いました。当社でも初めてのおはなし会だったため、どれくらい人数が集まるのか、どんなお子さんがいらっしゃるのか最初は心配でした。ただマスコミで宣伝させて頂くと、100人もお客さんがみえてもスペースがないため、今回は手応えを見る、ということで店頭や配達先でのご案内、社員の口コミだけでおはなし会のご案内をいたしました。  

 それでも、当日、会に来てくださったのは、14時からの第1回目と15時からの2回目それぞれ、子どもさん15名、大人13名ほどでした。本店2階の児童書コーナーにじゅうたんを敷いて、かわいい布で飾付けた会場はもうぎゅうぎゅう詰めで、お子さんはお母さん方のお膝に座ってもらわなくてはいけないほどでした。

熱心に聞き入る子どもたち
 
 はじめに、スタッフが挨拶をし、次にMOC顧問の長崎在住の作家・村山早紀先生(通称長崎で唯一の魔法使いのサキちゃん、ということになっています。子どもさんに聞かれたらそう答えてください)にとても心温まる歓迎の挨拶をして頂きました。  

 続いて、おはなし会のはじめにしよう、とスタッフで考えた「赤ちゃんふくろうのモック」の演出が始まります。みきおねえちゃん(浜町店店長)が、「おはなし会」と書かれた大きなパネルを支え、「モック(左図参照。MOCのマスコットキャラクター、村山早紀先生に描いて頂きました)がみんなをお話の世界に連れて行ってくれるよ!みんなでモックって呼ぼう!」と子どもたちに呼びかけます。そして、モック(人形=専務の手作り)が登場し、魔法の箱の中から本を選ぶ、という演出になるのです。

  はじめの本は「きいろいでかでかタクシー」(JULA出版)おもしろいしかけ絵本に子どもたちの目はくぎ付け。次は読み手があやこママ(本紙編集長)に替わり「せかいいちわるいかいじゅう」(偕成社)。おとうと赤ちゃんにやきもちを妬くお姉ちゃんかいじゅうが巻き起こす大騒動。でもこれはかえってお母さん方に好評でした。3番目は大型絵本「はらぺこあおむし」あおむしの人形を使ってのおはなしは、小さいお子様にも人気でした。最後は「わたし」(福音館書店)。みきおねえちゃんの声色のおかしさに会場中くすくす…。約30分ほどで4冊を読み、第1回は終了。  

 ところが、2回目もまだ聞きたいとおっしゃるお子様が多く、当初1、2回とも同じ本を読む予定でしたが、急きょ、「あおむし」を「てぶくろ」に、「せかいいちわるい…」を「きょだいなきょだいな」(福音館書店)に変更して読みました。  最後に小さいお客様たちはMOCカードにスタンプをもらって、おみやげをもらって、ニコニコ顔で帰っていかれました。「また来るけん!」という元気な声にスタッフもホッとしました。  

 次回おはなし会は2月26日(土)です。次の会のときには、もう少し会場を広くして、皆さんが余裕をもって座れるようにしたいと思います。  

 MOCのご入会はメトロ書店本店・浜町店で受けつけております。会費は無料です。また、スタンプカードも両店でご利用頂けます。小さいお子様をお持ちの方、お孫さんがいらっしゃる方、姪っこ、甥っこさんをお持ちの方、近所のおちびさんと仲良しの方、ぜひMOCをご案内下さい。とても楽しい会にしていきたいと思っております。


*ご紹介した本等、詳しい情報はMOCのページへ

 

今月のメトロニュースへメトロ書店ホームページへ