社長挨拶

社長 川崎孝

株式会社メトロコンピュータサービスは、 昭和57年に川崎興産メトロ書店の電算機部門を独立させ、オフィスコンピュータの販売とソフトウェアの開発会社として設立しました。 特に、書店トータルシステムの開発においては、当時不可能とされていた書店の在庫管理を初めて小型コンピュータで成功させ、書店業界を驚かせました。

以来、今日までに、常に独自のアイデアと緻密な研究開発によって、従来、勘と記憶力に頼っていた書店業をデータに基づく経営体質に変え、さらに、業界全体のシステム化とEDI化の推進に大きく貢献しております。 その他、自動車登録システムでは、国内で最初に漢字OCRシステム用に読み取り精度の高いフォント(メトロフォント)を開発し、自動車登録業務の効率化に大きく貢献してきました。

このような、全く独自の考えやアイデアと、高度な技術に裏付けられた開発力により提供されるシステムは、オンラインによる徹底したメンテナンス体制によって、多くのユーザに信頼・ご利用いただいております。 平成17年からは、一般システム開発部門とパッケージ部門とを分離させ、パッケージ以外のさまざまな業務ソフトの受託開発を開始しております。