メトロ書店おすすめ本

2015年10月09日
霧 ウラル
桜木 紫乃(小学館、1,620円) 検索&ご注文
舞台は、国境の町・根室 男の屍を越えて生きてゆく女たち。 北海道最東端・根室は、国境の町である。戦前からこの町を動かしてきた河之辺水産社長には、三人の娘がいた。 長女智鶴は政界入りを目指す運輸会社の御曹司に嫁ぎ、次女珠生はヤクザの姐となり、三女早苗は金貸しの次男を養子にして実家を継ぐことになっている。 昭和四十一年の国政選挙で、智鶴の夫・大旗善司は道東の票をまとめ当選を果たした。 選挙戦を支えたのは、次女・珠生の夫で相羽組組長の相羽重之が国境の海でかき集めた汚れ金だった。 珠生は、大旗当選の裏で流された血のために、海峡の鬼となることを誓う。
舞台は、国境の町・根室 男の屍を越えて生きてゆく女たち。 北海道最東端・根室は、国境の町である。戦前からこの町を動かしてきた河之辺水産社長には、三人の娘がいた。 長女智鶴は政界入りを目指す運輸会社の御曹司に嫁ぎ、次女珠生はヤクザの姐となり、三女早苗は金貸しの次男を養子にして実家を継ぐことになっている。 昭和四十一年の国政選挙で、智鶴の夫・大旗善司は道東の票をまとめ当選を果たした。 選挙戦を支えたのは、次女・珠生の夫で相羽組組長の相羽重之が国境の海でかき集めた汚れ金だった。 珠生は、大旗当選の裏で流された血のために、海峡の鬼となることを誓う。