メトロ書店おすすめ本

2012年09月21日
一瞬でわかる日本と世界の領土問題
高橋和夫(日本文芸社、1,575円) 検索&ご注文
尖閣諸島、北方領土、竹島などを巡り日本と近隣諸国との間で熱を帯びる領土問題。その解決への道のりは、中東、アジア、欧州・ロシア、アフリカ、北南米、南極北極までの領土・領有権を巡る、民族・国家間の紛争の歴史と、今日の資源エネルギー、軍事・政治・情報技術の進歩を直視した理解から始まる。カラー地図と写真を豊富に掲載、国際政治の泰斗による解説で、領土問題の本質がよくわかる!
尖閣諸島、北方領土、竹島などを巡り日本と近隣諸国との間で熱を帯びる領土問題。その解決への道のりは、中東、アジア、欧州・ロシア、アフリカ、北南米、南極北極までの領土・領有権を巡る、民族・国家間の紛争の歴史と、今日の資源エネルギー、軍事・政治・情報技術の進歩を直視した理解から始まる。カラー地図と写真を豊富に掲載、国際政治の泰斗による解説で、領土問題の本質がよくわかる!
神去なあなあ日常
三浦しをん(徳間書店、650円) 検索&ご注文
高校卒業と同時に三重県の山村に放り込まれた平野勇気19歳。林業の現場に生きる人々の1年間のドラマと勇気の成長を描く。
高校卒業と同時に三重県の山村に放り込まれた平野勇気19歳。林業の現場に生きる人々の1年間のドラマと勇気の成長を描く。
発達障害と呼ばないで
岡田尊司(幻冬社、840円) 検索&ご注文
なぜ医者は「発達障害」と診断したがるのか?最新研究が解き明かす急増の真実と、劇的に改善する理由とは。「発達障害」と診断されるケースが急増している。子どもだけでなく、大人もだ。児童のADHDの有病率は6%に達し、学習障害は10%に及ぶ。なぜ猛烈な勢いで増えているのか。一方で「発達障害」と診断されながら、実際は「愛着障害」であるケースが数多く見過ごされている。根本的な手当てがなされないため、症状をこじらせるケースも少なくない。「発達障害」と似て非なる「愛着障害」とはいったい何なのか?本当に必要な対処とは?「発達障害」は現在、大きな岐路にある。その急増が意味する真のメッセージを明らかにする衝撃と希望の書。
なぜ医者は「発達障害」と診断したがるのか?最新研究が解き明かす急増の真実と、劇的に改善する理由とは。「発達障害」と診断されるケースが急増している。子どもだけでなく、大人もだ。児童のADHDの有病率は6%に達し、学習障害は10%に及ぶ。なぜ猛烈な勢いで増えているのか。一方で「発達障害」と診断されながら、実際は「愛着障害」であるケースが数多く見過ごされている。根本的な手当てがなされないため、症状をこじらせるケースも少なくない。「発達障害」と似て非なる「愛着障害」とはいったい何なのか?本当に必要な対処とは?「発達障害」は現在、大きな岐路にある。その急増が意味する真のメッセージを明らかにする衝撃と希望の書。
さくら聖・咲く
畠中恵(実業之日本社、1,365円) 検索&ご注文
中学生の弟・拓を養うため、元大物政治家・大堂剛の事務所で事務員として働く佐倉聖は大学三年生。大堂のコネを使わずに、就職活動に励む日々を送っている。大堂門下の議員達から持ち込まれる難問珍問を鮮やかに解決してきた手腕で、大企業の面接中、閉じ込められた社員救出(?)に一役買ったり、加納代議士のストーカー騒ぎ、候補者の当落を予想する“神"の正体捜し等の謎を次々に解明。一方で、インターンシップ先をなぜだか二ヶ月で首になったりと、就職戦線は波乱含み。そんな聖のもとに、エントリーしていない五つの会社から「内定」通知が舞い込む……。聖の前に広がるのは、果たしてどんな未来なのか?人気シリーズ「しゃばけ」の作家が贈るユーモアミステリー最新刊。『アコギなのかリッパなのか』待望の続編!
中学生の弟・拓を養うため、元大物政治家・大堂剛の事務所で事務員として働く佐倉聖は大学三年生。大堂のコネを使わずに、就職活動に励む日々を送っている。大堂門下の議員達から持ち込まれる難問珍問を鮮やかに解決してきた手腕で、大企業の面接中、閉じ込められた社員救出(?)に一役買ったり、加納代議士のストーカー騒ぎ、候補者の当落を予想する“神"の正体捜し等の謎を次々に解明。一方で、インターンシップ先をなぜだか二ヶ月で首になったりと、就職戦線は波乱含み。そんな聖のもとに、エントリーしていない五つの会社から「内定」通知が舞い込む……。聖の前に広がるのは、果たしてどんな未来なのか?人気シリーズ「しゃばけ」の作家が贈るユーモアミステリー最新刊。『アコギなのかリッパなのか』待望の続編!