メトロ書店おすすめ本

2012年11月09日
日本人が知らされていないお金の真実
日本人が知らされていないお金の真実
高橋洋一(青春出版社、1,365円) 検索&ご注文
豊かであるはずの日本で、多くの人が不況による大きな苦しみを味わっている。デフレ・円高による不況から脱するために、あらゆる金融政策が実行されるべきなのだが、本来知っておくべきお金の知識が日本人には巧妙に隠されているため、「日銀」「政府」、そして「財務省」は国民をかえりみず不作為を続ける。諸外国では当たり前だと思われているような金融政策や税金の常識が、日本では通用しないのだ。たとえば、欧米各国がリーマンショック後にお金を大量に刷って不況とデフレを回避した一方、日本ではほとんどお金を増やさずデフレと円高を容認。経済を停滞させ、大量の失業、ワーキングプアを生み出している。だが、今の日本の不況がそのように“なるべくして"なっているのであれば、実は人為的に不況を脱することもできる。これは本当の話だ。その鍵を握っているのは、「日本銀行」である。もし適切な人が日本銀行の総裁に就任すれば、数年のうちに日本の景気は回復する。消費税増税なしで国の借金を減らして財政再建することも、平均賃金を増やすことも、失業率を下げることも、生活保護受給世帯を減らすこともすべて可能である。本書では、世の中のお金の仕組みについてわかりやすく解説しながら、政府と日本銀行がいかにして不況を放置しているのか。いかにすれば不況を脱せられるのか、誰でもわかるような言葉で伝えていく。教科書が無味乾燥でわかりにくいと思った学生や、もう一度経済学を勉強し直したい社会人に読んでほしい。
豊かであるはずの日本で、多くの人が不況による大きな苦しみを味わっている。デフレ・円高による不況から脱するために、あらゆる金融政策が実行されるべきなのだが、本来知っておくべきお金の知識が日本人には巧妙に隠されているため、「日銀」「政府」、そして「財務省」は国民をかえりみず不作為を続ける。諸外国では当たり前だと思われているような金融政策や税金の常識が、日本では通用しないのだ。たとえば、欧米各国がリーマンショック後にお金を大量に刷って不況とデフレを回避した一方、日本ではほとんどお金を増やさずデフレと円高を容認。経済を停滞させ、大量の失業、ワーキングプアを生み出している。だが、今の日本の不況がそのように“なるべくして"なっているのであれば、実は人為的に不況を脱することもできる。これは本当の話だ。その鍵を握っているのは、「日本銀行」である。もし適切な人が日本銀行の総裁に就任すれば、数年のうちに日本の景気は回復する。消費税増税なしで国の借金を減らして財政再建することも、平均賃金を増やすことも、失業率を下げることも、生活保護受給世帯を減らすこともすべて可能である。本書では、世の中のお金の仕組みについてわかりやすく解説しながら、政府と日本銀行がいかにして不況を放置しているのか。いかにすれば不況を脱せられるのか、誰でもわかるような言葉で伝えていく。教科書が無味乾燥でわかりにくいと思った学生や、もう一度経済学を勉強し直したい社会人に読んでほしい。
おすすめ本の一覧 >>
メトロ書店
TEL095-821-5400095-821-54000120-8-4646-80120-8-4646-8
E-mail: honten@metrobooks.co.jp
Homepage: http://metrobooks.co.jp